This is NIPPON。/吉田航大

「初音ミク×鼓童」
幕が開いた時、そこには見たこともない光景が広がっていました。

Photo: Maiko Miyagawa
緑色に光るペンライトが、美しく、力強い何かを感じ、危うく自分の打ち出しを忘れてしまいそうな程、息を呑む光景。本編が始まる前から会場のボルテージは最高潮に達し、歓声の波が押し寄せてきました。

常に大汗を掻きながら、息を荒くしながら、袖水を少し口に含んでまた舞台に出る。普段の鼓童公演よりもかなり濃密なセットリストで、一息つく暇もないくらいでした。

太鼓を鳴らせば、手拍子が起こり。
掛け声をかければ、歓声が上がる。

Photo: Maiko Miyagawa
どんなにキツくても、それに応えようとしてくれるオーディエンスに触発されて、限界ギリギリまで力の限り打ち込んでいました。

Photo: Maiko Miyagawa

3800人キャパの大きいホールでしたが、客席との距離がもの凄く近く感じて、お互いの「熱気」「汗」「感情」その全てがストレートに届いていた気がします。

Photo: Maiko Miyagawa

全ての曲が終わり演奏者がハケた後、「手締め」が会場内に響き渡る。

This is NIPPON。

This is NIPPON プレミアムシアター「初音ミク×鼓童 スペシャルライブ2018」

 

「初音ミク×鼓童」スペシャルライブレポート/伊達なつめ(演劇ジャーナリスト)

Photo: Maiko Miyagawa

昨年大好評を博した This is NIPPON プレミアムシアター「初音ミク×鼓童」のスペシャルライブが、グレードアップして帰ってきた。会場のNHKホールは、衿に「初音」「鼓童」と名前の入ったライブ・ハッピを着た人たちでいっぱい。

Photo: Maiko Miyagawa

オープニングとともに地鳴りのような歓声が起き、オールスタンディングとなった客席に、いっせいに太鼓型ペンライトの光が揺れ出した。

Photo: Maiko Miyagawa

(※6/1 リハーサル写真)

「去年はにぎやかな曲と穏やかな曲を交互に入れていたんですが、今年はミクさん側からの『もっとアゲアゲで!』というリクエストで、体力的にもハードな曲が続くんです」と選曲担当の石塚充が言うように、ミクのナンバーを太鼓と鳴物で盛り上げ、リン・レンのデュエットでは、鳴物担当が彼らのダンスを完コピして一緒に踊り、『三宅』『巴』など鼓童の大曲では、3~4分ずつにまとめた濃縮ハイライト版を惜しげもなく演奏と、大忙しのフル稼働。

Photo: Maiko MiyagawaPhoto: Maiko MiyagawaPhoto: Maiko Miyagawa驚いたのは、こうした鼓童の緩急に富む複雑なビートを刻む楽曲にも、観客が手拍子やかけ声で、しっかり伴走してみせること。

 

Photo: Maiko Miyagawa

今年初参加の住吉佑太は、
「ミク・ファンは音楽が好きで、曲を聴きに来ている人が多い感じがしますね。こちらが何を振ってもついてきてくれるので、もう”闘い”みたいにテンションが上がって、すごく楽しいです。『巡』では、前の方のお客さん、めっちゃ踊ってくれてましたし(笑)」と、今秋の新作舞台にも、十分な手応えを感じた様子。

Photo: Maiko Miyagawa

「巡 -MEGURU-」(※6/1 リハーサル写真)

フィナーレでいったん幕が閉まると「コドオ・ミーク」「コドオ・ミーク」のアンコール大合唱。コラボ2度目にして、ミクはもちろん、ミク・ファンと鼓童も、ガチで相思相愛の関係になったことを確認できた。

文:伊達なつめ(演劇ジャーナリスト)

▼今回演奏の「巡 -MEGURU-」MVはこちら

This is NIPPON プレミアムシアター「初音ミク×鼓童 スペシャルライブ2018」

「鼓童&バックハー」リハーサル/平田裕貴

Photo: Erika Ueda「初音ミク×鼓童」リハーサルで激アツの先週から一転、今週の鼓童村はベトナムの風に包まれています。

Photo: Erika Ueda

ベトナムから「バックハー」の皆さんをお招きしてのリハーサルです!

Photo: Erika Ueda

Photo: Erika Ueda Photo: Erika Ueda

ベトナムと日本、2つの音が1つに混ざり合って、とても心地よい空間が生まれています。

Photo: Erika Ueda
Photo: Erika Ueda

言葉が通じなくても、音で通じ合える、楽しいね!ってなれる、そんな喜びを実感したリハーサルでした。

Photo: Erika Ueda
明日、5月26日(土)りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホールにて「鼓童&バックハー」日越コラボレーションをお楽しみに!


2018年5月26日(土)鼓童特別編成で出演「NST開局50周年 りゅーとぴあ開館20周年 日越外交関係樹立45周年 アース・セレブレーションコラボイベント『鼓童&バックハー』」(新潟県新潟市)

🎫プレイガイド
・りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)/チケット専用ダイヤル Tel. 025-224-5521(11:00〜19:00/休館日除く)
・オンラインチケット https://www.ticket.ne.jp/ryutopiaticket/uketsuke.do?jigyoCode=425&koenGroupCode=670
・新潟伊勢丹
・トップトラベル新潟(デッキィ401内)
・セブンーイレブン(セブンチケット)
・新潟県民会館
・NSTイベントインフォメーション

「初音ミク×鼓童」稽古場レポート/吉田航大

暦の上では初夏だというのに、全く暖かくならない佐渡。昼間暖かくても朝夕は冷え、未だパーカーが手放せない。

Photo: Erika Ueda

そんな中、6月2、3日に渋谷のNHKホールで行われる、「初音ミク×鼓童スペシャルライブ2018」に向けて、バンドメンバーと鼓童、そして初音ミクさんを始めとする「バーチャル・シンガー」たちとの熱いリハーサルが行われた。

私にとっては初めての初音ミクコラボ。

Photo: Erika Ueda

太鼓の爆音には慣れているが、エレキギターやドラムセットなどの聴き慣れぬ爆音に頭と耳が限界寸前。一日中ロックバンドのコンサート会場にいる感じ。

しかしリハーサルが進行するにつれて耳も慣れ、ちょっと肌寒かった稽古場も熱気に溢れ、気が付けば蒸し風呂状態。近くで聴くお互いの音に心地よささえ感じていた。

Photo: Erika UedaPhoto: Erika Ueda本当に、熱い、暑い、リハーサルでした。

初音ミク×鼓童ライブにはそれぞれの音の共鳴に心地よさが感じられる。
しかし、マイクで拾った太鼓の音には限界がある。それでも、そこで音を出しているんだと言う存在が、魂が見えれば、私はいいと思う。

Photo: Erika Ueda「一所懸命に打ち込み、魂で魅せる。」

それでこそ鼓童なんだと。
ミクさんに教わりました。

観に来て下さるお客様には、そこを感じてもらえたらと思います。

チケットはこちら!

公式サイト

This is NIPPON プレミアムシアター「初音ミク×鼓童 スペシャルライブ2018」






「初音ミク×鼓童」佐渡リハーサル/平田裕貴

Photo: Erika Ueda

6月2〜3日に渋谷 NHKホールで開催される「初音ミク×鼓童スペシャルライブ2018」のリハーサルを鼓童村の稽古場で行いました。

Photo: Erika UedaPhoto: Erika Uedaバンドメンバーやスタッフの皆さんをお招きしての今回のリハーサル、本番さながらの熱気に包まれた熱い2日間でした。

Photo: Erika Ueda

リハーサルで強くなった初音ミクさんとバンドメンバー、鼓童、そしてスタッフ陣の結束力。昨年に増してのこの一体感は、今回の見どころのひとつです。

Photo: Erika UedaPhoto: Erika Ueda

ぜひ体感してほしいこの熱さ! 前回未演奏の曲が盛りだくさん! お楽しみに!

ちなみに前回の「初音ミク×鼓童」、実は私の鼓童初舞台でした。とても思い入れのあるこの舞台、楽しみで楽しみで本番が待ちきれません。

さらなる進化を遂げてお届けする「初音ミク×鼓童」ぜひお越しください!

Photo: Erika Ueda

チケットはこちら!

公式サイト

This is NIPPON プレミアムシアター「初音ミク×鼓童 スペシャルライブ2018」