公益財団法人 鼓童文化財団について

鼓童では佐渡を基軸にした活動をこれまで以上に行っていくため、大勢の方々のご支援のもと、社会教育や地域還元に重点を置いた公益活動を行う「財団法人 鼓童文化財団」を1997年に設立しました。鼓童の舞台を花にたとえれば、それを支える根にあたります。各種ワークショップの開催、アース・セレブレーションの企画、図書館や研修所の運営、芸能に関する調査研究などを実施しています。

2011年11月1日より「公益財団法人 鼓童文化財団」として、新たなスタートをきりました。

新法人の公益目的事業

  1. 伝統文化の調査研究を通して、芸術文化の振興を図る事業
  2. 研修および体験学習を通して、芸術文化と地域社会の担い手を育成する事業
  3. 国際的な文化交流および地域資源の活用により、地域活性化を図る事業
  4. その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

公益財団法人移行の経緯

この度の公益財団法人への移行は、1896年(明治29年)に制定された民法の公益法人に関する規定が2006年(平成十八年)に110年ぶりに改正されたいわゆる「公益法人改革」への対応として行われました。この法律改正の背景には、日本政府が明治以来続けて来た官の統治下の公益法人制度を、市民の、市民による、市民のための制度に脱皮させるという意味があります。

そして、新制度では事業の公益性の有無にかかわらず設立できる「一般財団法人」と、民間有識者による委員会の意見に基づき行政庁が公益性を認定する「公益財団法人」の2つの法人格が生まれました。

公益財団法人の認定を受けるメリットとしては、名称の面から活動の「公益性」が分かり易くなります。また、公益目的事業として認められた活動は非課税となる他、「特定公益増進法人」という免税団体の認定への道が開け、鼓童の会に入会または寄付をいただいた際に税額控除が適用される点があります。

公益財団法人移行のご報告(2011年11月1日)

 

公式SNS


 


 

 

お問い合わせ


団体名・お名前 (必須) ※個人の方はお名前のみご記入ください。 例)鼓童・佐渡太郎
メールアドレス (必須)
電話番号
お問い合わせ内容 (必須)
送信確認

※送信後はご記載頂いたメールアドレスに、受信完了メールが自動送信されます。
24時間以内に受信が確認できなかった場合、また、三営業日以内に返信がない場合は、大変お手数ですがお電話にてお問い合わせください。
鼓童文化財団代表番号 Tel. 0259-86-4110 (9:30〜17:00 / 月〜金)