太鼓芸能集団 鼓童 代表 船橋裕一郎

船橋裕一郎

日頃、鼓童をご支援頂いている皆様、深く感謝申し上げます。

新型コロナウイルスの感染症拡大や、それに伴う様々な影響により、
不安な毎日をお過ごしのことと思います。
私たちもこの冬からの出来事に大きな影響を受けております。

この度の鼓童緊急支援の呼びかけに際して、
多くのご支援と応援のお言葉を賜り、改めて感謝申し上げます。

佐渡での生活、創作、稽古、日本各地の芸能や文化を学び、
旅を続け、太鼓の音を日本各地、世界各地へと届ける。
鼓童にとっての「日常」は、あっという間に失われ、
現在、様々な制約の中で、大幅に活動を抑えながら稽古や生活を続けています。

我々のような芸能を生業にする者は、こんな時に何ができるのか…
主たる活動の場であった、各地での公演の多くが無くなってしまった今、
我々にできうることは何なのか。
多くのメンバーが様々なアイディアを出し合い、
話し合い、動き出しつつあります。

鼓童の歴史は、広く深い繋がりの中で、
まもなく前身の佐渡の國鬼太鼓座から半世紀を迎えます。
各世代にわたる多くの先輩方、メンバーそして家族。
また、毎年4月には鼓童の舞台を夢見て、
自ら厳しい生活へと身を置くべく決心し、
各地から新研修生たちが集まり、その歴史は続いてきました。

『私たちは、太鼓とともに世界をめぐり、
多様な文化や生き方が響き合う「ひとつの地球」を目指します』

この、<ONE EARTH TOUR>という理念の歩みが止まらぬよう
多くの方々の生活が落ち着きを取り戻して
鼓童の生の音にまた触れたいと思って頂けた時、すぐに音を届けられるよう、また、太鼓の響き、音楽が人の心を豊かにする一助となりますよう、グループ一丸となり、頑張ってまいります。

引き続き多くの皆さまのご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

2020年5月
太鼓芸能集団 鼓童 代表 船橋裕一郎

 

株式会社北前船 代表取締役社長 洲﨑拓郎

日頃より鼓童に対し多くのご支援を賜り、深く御礼申し上げます。

2020年10月より、太鼓芸能集団 鼓童の企画制作を行う、株式会社北前船の代表取締役社長に就任いたしました。

世界中の人々が同時に多くの困難に直面されているなか、私たち鼓童グループも活動を停止せざるを得ない時期を過ごしました。稽古場からは太鼓の音が消え、事務所からスタッフの姿も減り、静まりかえった鼓童村。

そんな時でも変わらなかったのは、少しずつ季節の表情を変える佐渡の自然と、稽古場に鎮座する太鼓たちの存在でした。それらは超然としていて、少し離れたところから静かにこちらを見つめているような気がしました。

現在、公演活動や太鼓体験は徐々に活動を再開しております。しかし鼓童村が一番静かだった時期に、佐渡の自然や太鼓から感じた視線は、私たちに「単純に以前に戻るのではない、なにか新しい道」を示そうとしていたのではないか、と思われてなりません。

鼓童は来年で創立40周年を迎えます。

本当にたくさんの方々に支え続けて頂きました。それは舞台のみならず、模索し続ける生き方そのものを応援し続けて下さったのだろうと思っています。これからも一歩、一打と模索を続けてまいります。どうか今後とも、叱咤激励とご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2020年10月
株式会社北前船 代表取締役社長 洲﨑拓郎

 

公益財団法人 鼓童文化財団 理事長 五十嵐実

五十嵐実

皆様、何時も鼓童文化財団に、ご支援、ご協力をいただき、誠にありがとうございます。今、新型コロナウイルス感染症の影響により様々な面で苦しまれている方々に、心よりお見舞い申し上げます。

この新型コロナウイルスの広がりとともに、私たち鼓童グループも大きな危機に直面しております。公演は今後予定を立てる事が困難となり、再開の目処も立たない状況です。かつて無い状況に大きな苦難を抱えております。公演、ワークショップ、エクサドンなどは延期または中止、アース・セレブレーションも無観客での実施となり、収入の目処が立ちません。この様な中で芸能の火を絶やさない為にも皆様のご支援をいただける事を切にお願いする次第です。
再び、皆様にお目にかかり、芸能で世界を繋ぐ為にも何卒お願い致します。

新型コロナウイルス感染症で苦しまれておられる方々の一刻も速い回復を心より祈るとともに、鼓童文化財団に対する熱いご厚情をお願いいたします。

2020年5月
公益財団法人 鼓童文化財団 理事長 五十嵐実