鼓童へのご支援に感謝申し上げます/鼓童代表・船橋裕一郎

この度の鼓童緊急支援のお願いに際し、多くの方々、地域よりご支援そして応援のお言葉を賜り、心より感謝申し上げます。引き続き先の見えない中、厳しい状況が続いておりますが、この先も皆様に太鼓の響きと音楽を届け続けられるよう、グループ一丸となり頑張ってまいります。

医療や介護の最前線におられる方々、物流やインフラを守る全ての方々への感謝と敬意を捧げます。

現在鼓童グループは活動を大幅に抑え、自宅待機、在宅勤務を基本に、その中で可能な活動とこの後の活動に向けての準備を少しづつ進めております。

日本のみならず世界中にて混乱状態となり大変な思いをされておられる方も多い中、我々のこれまでの活動の中でお届けできることは限られる現状ですが、少しでも皆様の心のご平安を祈り、映像、音源、ラジオ、文章などでの発信を続けてまいります。

そしてまた本格的な活動再開に向け、これまでの活動をしっかりと振り返り、また改めて太鼓の音を届けられるよう、前を向いてまいります。

引き続き、多くの皆さまからのご支援、お力添えを賜りますようお願い申し上げます。

鼓童代表 船橋裕一郎

 

鼓童緊急支援のお願い


〈事務局より〉
皆さまから多くのご支援を賜り、ありがとうございます。
ただいま、事務所のスタッフの人数を減らして業務を行っておりますため、領収証や、毎月・毎年のご支援の手続き書類の発送等に遅れが生じております。また、お問い合わせへのお返事も日数がかかる場合がございますこと、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

(2020年4月30日現在)

山田敬蔵さんを偲んで/藤本吉利

4月2日に山田敬蔵さんが92歳で亡くなられたと知った。

秋田魁新報に掲載されていたこのお写真は、何歳の時の写真だろうか。私が敬蔵さんのお顔を思い浮かべるとしたら、まさにこの通りのお顔である。誠実で爽やかで、とっても親しみ深いお人柄だった。

(写真:秋田魁新報 https://www.sakigake.jp/news/photo/20200423AK0023/1/

私は、山田さんのことを尊敬と親しみを込めて、敬蔵さんと呼ばせていただいていた。敬蔵さんとの出会いは、「佐渡の國 鬼太鼓座」の初期、1974年であったと思う。当時、私たちは体力と精神力を鍛えるために42.195kmのフルマラソンを行なっていて、アメリカのボストンマラソに参加することを目指していた。それで、力試しとレースを経験するために、毎年2月に行われている青梅マラソン(30km)に73年と74年の2回参加した。この青梅マラソンでの出会いがきっかけとなり、佐渡にマラソン指導に来ていただくようになった。

(先頭を走る敬蔵さん)

敬蔵さんは1952年ヘルシンキオリンピックのマラソン代表選手で、53年ボストンマラソンで優勝されている名ランナーだった。

(写真:なんでも鑑定団お宝情報局2 http://blog.livedoor.jp/otakarajoho/archives/21381055.html

そして、1975年4月、私たちは敬蔵さんと共にボストンマラソンを走り、海外デビューした。この時、敬蔵さんは47歳、私は24歳だった。ボストンマラソンに参加するということで、田さんにスカウトされて座員になった若い元ランナー(鎌田豊数くん、太田厚生くん、風間正文くん)も走ったが、その中で一番先にゴールしたのは敬蔵さんだった。タイムは敬蔵さんもランナー組も2時間30分〜35分であったと記憶する。私のタイムは2時間50分55秒であった。その時の優勝者は、ボストン出身のビル・ロジャース選手で2時間9分55秒だった。

(この写真は1975年ボストンマラソンに出場する時の、ボストンでのトレーニングの様子。「佐渡の國 鬼太鼓座」パンフレットより)

鼓童になってからも、新宿シアターアップル劇場での公演には、毎年観に来てくださり、その後も東京での公演を観に来ていただいていた。吉利くんへと言って、ご祝儀をいただいたこともあった。

佐渡へは、1997年に鼓童研修所マラソン(42.195km)を行なった時に来てくださり、研修生と共に走ってくださった。私も奮起して参加したが、30kmぐらいから脚が棒のようになって、ひたすら歩いてゴールしたか、途中で棄権して車に乗せてもらったのか、思い出せない。

敬蔵さんとの思い出で、こんなこともありました。鼓童の公演ツアー中に、宿泊したホテルで偶然お会いして、翌朝まだ夜が明けない暗い中、敬蔵さんと二人でランニングをしました。その時、敬蔵さんは出会う人に走りながら「オーース」と、ドスの利いた声で挨拶をされるのです。私は走ることに人生をかけられている敬蔵さんの迫力というか、魂の入った声に圧倒され、感動してしまいました。

(写真:読売新聞オンラインhttps://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20200423-OYT1T50275/

敬蔵さんは一線を退かれた後も、市民ランナーとして国内外のレースへの出場を2009年まで続けられ、同年81歳でマラソンからの引退を表明されました。生涯で約340回のフルマラソンを走られたとのこと。本当に偉大な方だと改めて思います。

敬蔵さん、ご指導いただき、そして鼓童を応援していただき、本当に有難うございました。天国では尊敬されていた金栗四三先生や多くの走友の方々と楽しく語り合い、また「オーース」と挨拶をしながら楽しく走り続けてください。あっ、引退を表明されたんでしたね。どうぞ、ごゆっくり、ご自由に!ご冥福をお祈りいたします。

2020年4月29日
藤本吉利

(左から、吉利、ハンチョウ、山田敬蔵さん、ライリー・リーさん、山野實さん/写真提供:山野實さん)

鼓童ラヂオ始めます!/小松崎正吾・池永レオ遼太郎

これまで動画配信などをお届けして参りましたが、新しい取り組みとしてラヂオチャンネルを立ち上げました。(鼓童YouTubeチャンネルで配信予定)
皆さんと繋がれる時間が少なくなっている中で、家事をしながら、作業をしながら、ワークアウトしながら…鼓童の音や声で繋がって行けたら嬉しいなと思っております!

普段聞けない楽曲誕生秘話や、舞台への想い、色々なメンバーの声をお届けしたり、皆さんからの企画リクエストや、質問にお答えしたりと、様々な内容でお届けしていければと思っています。
皆さんと一緒に作っていく鼓童ラヂオに沢山の声をお寄せください!

【応募方法】

メール、鼓童インスタストーリーズ、で質問やリクエストを募集しております。
<メールはこちら> radio@kodo.or.jp
<鼓童インスタグラム・ストーリーズで投稿>配信後24時間以内のみ
https://www.instagram.com/kodoheartbeat/

【ラヂオ配信先】鼓童YouTube

https://www.youtube.com/user/KodoHeartbeat

鼓童へのご支援をお願いいたします/太鼓芸能集団 鼓童 代表 船橋裕一郎

日頃、鼓童をご支援頂いている皆様へ、深く感謝申し上げます。

新型コロナウイルスの感染拡大や、それに伴う様々な影響により、不安な毎日をお過ごしのことと思います。

私たちもこの冬からの出来事に大きな影響を受けております。ヨーロッパツアー10公演の中止から始まり、3年かけて準備してきた〈NOVA〉公演を中止するという大変苦しい判断をいたしました。

現在なお、今後の活動に対して厳しい予定変更が続いておりますが、鼓童グループは、今まで以上に一丸となり、この危機的な状況を何としても乗り越え、活動を継続していきたいと考えております。

是非、皆さまのご支援、ご協力をお願いする次第です。

→緊急支援のお願い
https://www.kodo.or.jp/total_support

佐渡での生活、創作、稽古、日本各地の芸能や文化を学び、旅を続け、太鼓の音を日本各地、世界各地へと届ける。

鼓童にとっての「日常」は、あっという間に失われ、様々な制約の中で、稽古や生活を続けています。

我々のような芸能を生業にする者は、こんな時に何ができるのか…
主たる活動の場であった、各地での公演の多くが無くなってしまった今、我々にできうることは何なのか。多くのメンバーが様々なアイディアを出し合い、話し合い、動き出しつつあります。

鼓童の歴史は広く深い繋がりの中で、まもなく前身の「佐渡の國鬼太鼓座」から半世紀を迎えます。各世代にわたる多くの先輩方、メンバーそして家族。また、毎年4月には鼓童の舞台を夢見て、自ら厳しい生活へと身を置くべく決心し、各地から新研修生たちが集まり、その歴史は続いてきました。

『私たちは、
太鼓とともに世界をめぐり、
多様な文化や生き方が響き合う
「ひとつの地球」を目指します』

この、<ONE EARTH TOUR>という理念の歩みが止まらぬよう多くの方々の生活が落ち着きを取り戻して鼓童の生の音にまた触れたいと思って頂けた時、すぐに音を届けられるよう、また、太鼓の響き、音楽が人の心を豊かにする一助となりますよう、グループ一丸となり、頑張ってまいります。

何卒、皆様からのお力添えを賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2020年4月13日
太鼓芸能集団 鼓童 代表 船橋裕一郎

中止・延期となった公演、事業等(2020年4月13日現在)

【海外公演】
  • 3月 ヨーロッパ『Legacy』ツアー:イタリア、ポーランド、ドイツ 10公演
【国内の公演・イベント・ワークショップ等】
  • 3月「出張!たたこう館」(新潟県内)
  • 5月『鼓童佐渡宿根木公演』(佐渡・宿根木での連続公演)
  • 5月〜9月〈NOVA〉(国内9都市)
  • 交流公演、各種イベント出演
  • 県内外で予定されていた交流学校公演
  • エクサドン体験および合宿企画(埼玉県内等)
【佐渡島内】
  • 3〜7月 たたこう館での太鼓体験(国内外からの団体・個人、GW特別企画、修学旅行など)
  • 3〜7月 深浦学舎での海外からの長期滞在・合宿(フランス、アメリカ)
  • 4〜9月 海外からのクルーズ船佐渡寄港に伴う鼓童公演およびワークショップ
  • 4〜9月 エクサドン体験および合宿企画

東日本大震災から9年/船橋裕一郎

本日、東日本大震災の発生から9年目を迎えました。

震災により犠牲になられた全ての方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

また、被災された地域の復興と皆様の御平安を祈念いたします。

太鼓の響き、そして音楽が
少しでも皆さまの活力の一助となり得るよう鼓童は佐渡から旅を続け、
音を届け続けてまいります。

午後2時46分 黙祷を捧げます。

鼓童代表・船橋裕一郎

※本日3月11日12:00より交流公演班による【鼓童YouTubeライブ配信】にて、ハートビート・プロジェクトで作られた楽曲『また明日』の演奏もございます。