1年目は太鼓、踊り、唄などの学びを通して、
表現のための土台づくりをし、
2年目には島内中学校交流公演などの実地研修が加わり、
実戦的な力を養います。

ものづくり

入所後すぐに、食事時に使う竹の箸を手作りします。その後、角材にカンナをかけてバチを作ります。バチは太鼓の音を出すための大切な相棒です。鼓童の舞台メンバーになっても自らのバチを作ります。その他に陶芸なども行います。

2017年春 初めてのバチ作り(スライドショー)
 

様々な稽古

研修所では、太鼓を打つだけでなく、踊り、唄、笛などの楽器を演奏する技術を身につけます。
現役の鼓童メンバーや外部からの講師を招いて、様々な稽古が行われます。また、研修生自身で考え、自主的に稽古する時間もあります。

【太鼓】
基本的な打法を段階を追って学びます。鼓童の演目から「屋台囃子」「三宅」「大太鼓」「千里馬」「モノクローム」など、様々なスタイルの太鼓を稽古します。

鼓童メンバー 見留知弘による太鼓の稽古(柿野浦研修所にて)

【太鼓以外の楽器】
笛は、主に篠笛を用いて音の出し方から始め、鼓童の舞台で演奏されている曲目を中心に学びます。また、選択制で箏や胡弓、三味線などにも取り組みます。

鼓童名誉団員 山口幹文による笛の稽古(深浦学舎にて)

【踊り】
鬼太鼓(佐渡)、鬼剣舞(岩手)、津軽手踊り(青森)や琉球舞踊(沖縄)などを学びます。

琉球舞踊「群星」(講師:金城光枝 先生)

冬の野外にて「鬼剣舞」稽古

【唄】
発声・音程・リズムなどの基本から、各地の民謡、アイヌの唄など様々な歌に触れます。また、作曲や合唱も行います。

唄の指導(講師:岡田京子 先生)

茶道・能楽・講義など

【茶道(ちゃどう/裏千家)】
1年目に盆略点前、2年目からは選択制で薄茶点前(炉)まで学びます。日頃お世話になっている皆さんをお招きする「収穫祭」で、最終発表の茶席を催します。

和泉邸にて(指導:桃井宗生 先生)

【能楽(宝生流)】
年ごとに演目を一つ選び、謡と仕舞を学びます。地元の能楽愛好家の皆さんと共に能舞台に上がる経験もします。

仕舞「鞍馬天狗」を発表(羽茂地区 草苅神社能舞台にて)

【講義など】
佐渡の芸能に関する講義や、戸外に出て俳句の吟行なども行います。

これまでの研修生による俳句(抜粋)
舟虫や 何故にそこまで 走るのか    吉田航大(14年研修生、17年舞台メンバー)
石地蔵 夏風欲しく 手を合わす     宮城紘司(14年研修生、16年舞台準メンバー、17年スタッフ)
若竹に 水がしたたる 岩屋山      渡辺ちひろ(15年研修生、18年舞台メンバー)
夏の海 ゆれる心と たらい舟      米谷友宏(15年研修生、17年太鼓体験講師/たたこう館)
着ぶくれと 言い訳してた 腹まわり   小野田太陽(16年研修生、18年舞台準メンバー)
春の日に 夢を追い掛け 今ここに    詫間俊(16年研修生、18年舞台準メンバー)

実地研修

佐渡島内の中学校を訪れて行う「交流公演」において演奏や話で一つの公演を組み立てたり、「鼓童 佐渡宿根木公演」では鼓童メンバーと同じ舞台に立って一般のお客様の前で演奏したりするなど、実践的な力を養います。

島内中学校交流公演

「鼓童 佐渡宿根木公演」出演

また、佐渡島内で行われる鼓童公演やイベントでは舞台設営や警備、受付などのスタッフワークも学びます。「鼓童塾」などの合宿企画では、ワークショプの手伝いをはじめ、料理でのもてなし、参加者の宿泊の受入なども行います。

 

2018年 講師の先生方(50音順、敬称略)

青柳洋子 [能] 宝生流教授嘱託
赤塚五行 [俳句] 新潟日報佐渡版 俳句選者
朝倉大輔 [能] シテ方 宝生流能楽師
石川義純 [津軽手踊り] 宗家石川流師範
伊藤多喜雄 [唄] 民謡歌手
岩崎ちひろ [魚のさばき方] 魚屋
岡田京子 [歌] 作曲家
小木さざ波会[小木おけさ]
加藤健/加藤酒造店[酒蔵見学・酒造り体験]「金鶴」醸造元
金子竜太郎 [身体基礎] 和太鼓奏者
狩野泰一 [篠笛] 篠笛奏者
金城光枝 [琉球舞踊] 琉球舞踊家・太圭流華の会師範
日下敞敬[柿畑の作業]弘仁寺住職
葛原正巳 [陶芸]
野上結美 [ヴォイストレーニング] 声楽家
野村和仁 [水口囃子] 水口ばやし 水口囃舎代表
松田祐樹 [講義] 佐渡の芸能研究者
桃井宗生 [茶道] 裏千家学校茶道教授
山本健三[ランニングの基本]佐渡市陸上競技協会 理事長
柿野浦、岩首地区ならびに佐渡の皆様

鼓童メンバー・スタッフ講師

メンバー

阿部好江内田依利草洋介小島千絵子齊藤栄一藤本容子藤本吉利三浦友恵見留知弘山口幹文

スタッフ

石原泰彦、上之山博文、大井キヨ子、後藤美奈子、菅野敦司、高津万理、本間康子、宮﨑正美

 

「研修生応募要項」のページへ