夏の体験入所–鼓童文化財団研修所–/宮﨑正美

8月9日から11日の2泊3日で、「夏の体験入所」が行われました。高校1年生から社会人まで、出身も九州、四国、関西、関東、そして地元新潟とバラエティに富んでいます。

それぞれの想いを持った若者18名が、朝のランニング、掃除、食事など、研修生とともに生活をしながら、その日常を体験していきます。

初日の晩は、研修生の稽古発表。じっと見つめる参加者の眼差しに、研修生もただただ持てるものを出し切るのみ。まっすぐに太鼓に向かい合い、精一杯の音を届けました。

2日目の午前中は、齊藤栄一による研修生への稽古を見学。稽古を見学する姿は真剣で、まるで自分が指導されているかのごとく頷く参加者もみられました。そして午後には、鼓童が大切にしていることをぎゅっと詰め込んだ、齊藤栄一のワークショップをみっちり3時間。

期間中、地元の方から捕りたてのサザエが届いたり、稽古場にツバメが入って来たりと、研修所の日常に参加者は大盛り上がり。

そして最終日。車で1時間程離れたところにある佐渡太鼓体験交流館で原木太鼓に触れ、さらに鼓童メンバーの稽古場を見学。また、交流公演に向けて若手が稽古に励む様子も見ていただきました。

実際、佐渡島での研修生活を体験した参加者の皆さん、たくさんの感想を残してくださいました。
研修生の「仲間なのにライバル」という不思議な関係のこと。
初対面の参加者同士で、心を一つにして太鼓の音を出せたこと。
研修生の姿に直接触れることで、様々に心が動いたこと、などなど。

それぞれが将来を見つめた2泊3日。皆さん、島を離れるときの想いはいかに・・・。

>>鼓童 研修所について

ようこそ!町田こばと幼稚園の皆さん/宮﨑正美

先日、町田こばと幼稚園の皆さんがたたこう館にやってきました。毎年恒例子どもたちだけで佐渡へ3泊4日の旅を行っている幼稚園です。たたこう館へは今年で3年目。園児112名、小学生、高校生、先生たちを合わせると総勢145名の来館です。

来館後すぐにおにぎりを食べて、腹ごしらえ。その後、太鼓をたたく班とおうちの方にお手紙を書く班の2班に分かれ、早速太鼓体験の始まりです。みんな元気よく、大きな太鼓もしっかり叩きました。

途中、自由にたたく時間に近寄ってきた子がいて、「どうしたの?」と訊くと「おうちに帰りたい」と涙目になっていました。

「そうか、お母さんに会いたくなっちゃったか」
「よし、じゃあこの後みんなで楽しい曲を覚えるから、それで元気になろう」と言うと、頷いてまたみんなの輪に入っていきました。最後に1曲みんなで曲を覚えると、その子ももう笑顔になっているではありませんか。ああ、よかった。ほっとした瞬間。

子どもたちは親元を離れている間に、こうしてどんどん成長していくんですね。町田こばと幼稚園の皆さん、また来年もお待ちしています。

たたこう館サイト
http://www.sadotaiken.jp/

Hello!Taiko for Peace 2017/山中津久美

4泊5日の太鼓合宿で来島したアメリカの高校生。目的は、深浦学舎での太鼓合宿。参加するこどもの個性やルーツは様々。メキシコ、グアテマラ、トリニダード、中国、キューバ、ペルー、ベトナムなどの移住者の子どたち。そして、パキスタンやニュージーランド・マオリ出身の子もいました。

このプログラムは今年で4年目となります。佐渡のコースでは和太鼓に特化したプログラムで構成され、吉利、伸一、正美らの講師による太鼓を体験。その他、 佐渡ならでは体験で、竹箸づくりに挑戦しました。

慣れない刃物の扱いにも苦労して、My箸が完成した時の達成感はかけがえのないものになったことでしょう。他にも、同じ棟で稽古する公演班と公開リハをお互いに見学させてもらうなど、 今年はスペシャルメニューが盛り沢山。

メインイベントは、地元羽茂高等学校での交流事業。郷土芸能部と剣道部の学生と交流いたしました。


昨年の全国高等学校総合文化祭最優秀賞・文部科学大臣賞に輝く郷土芸能部の演奏を観せていただいた後、「佐渡おけさ」のワークショップを一緒に体験したり、吉利から習った「小木祭り太鼓」や「実り唄」の演奏を披露しました。

剣道部では「コテ」「メン」「ドウ」など決め手をミニ体験。学生自身が英語で剣道や技の説明をしていて、佐渡の高校生も積極邸に英語で交流いたしました。

合宿では6時の起床から始まり、食器洗いや、廊下の雑巾がけ、風呂・トイレ掃除のお手伝いもして、普段の生活ではできないとこを体験しました。日本の生活には欠かせない挨拶。食事の時の「いただきます」「ごちそうさま」は、日本のいい習慣だと思っています。

深浦学舎の建物の雰囲気が良い、合宿で家族のように暮らせて仲良く出来た、心のこもった食事が全部おいしかったなど、この合宿で得た素直な感想を頂けて嬉しく思いました。

学校公演の癒しのひととき/松田菜瑠美

ただ今、交流学校公演班は新潟市内の小学校を巡回公演しています。午前の学校を終えて、午後の会場に到着して、本日2回目の搬入を始めようかとしたところ、ご担当の先生から「まぁ皆さん、まずは駆け付け1杯!」と、冷たいお茶を用意していただきました。暑い日には最高のおもてなしです。

心のこもった手書きのメッセージにさらに癒され、体力も回復!元気に午後の公演を迎えました。

■ただいまツアー中!交流公演メンバー
船橋裕一郎小田洋介小松崎正吾米山水木小平一誠平田裕貴渡辺ちひろ

2017年6月15日羽茂祭り/本間康子

羽茂祭りは羽茂本郷地区にある、草苅神社と菅原神社の例祭です。

羽茂ならではの「つぶろさし」をはじめとする様々な芸能が、羽茂本郷の地区内各所で披露されます。

 さて、育休中の宮﨑正美も羽茂在住。

「サミーちゃんと太鼓を叩こう」というコーナーをいただき、羽茂商工会前のイベント広場で、祭り見物に集まったお客様と太鼓を叩きました!

またこの日、草苅神社では奉納薪能が催されます。火入れ式前の明るい時間帯に、研修生2年生が「鞍馬天狗」の仕舞を披露させていただきました。

能の稽古は、春の囃子会の地謡(金井能楽堂)、そして羽茂祭りでの仕舞の発表(草苅神社能舞台)という2つの舞台に立つことを目標に、昨年秋から取り組んできました。

 緊張した面持ちですが、皆、無事に舞いおさめることができました。