Dynamism/中込健太

レナード衛藤さんのライブ Dynamismに出演します。

今回、ダンサーの皆さん、山内利一さんとのライブ
それから、レナード衛藤さん、金子竜太郎さん、健太の日
レナード衛藤さん、坂本雅幸さん、健太の日
と三つのトリオで演奏します。

東京に、リハーサルできています。
叩き手が1人変わるだけでも、楽曲はまったく
違う生き物として生まれ変わる、そんな瞬間を
目の当たりにしています。

レナード衛藤さんは
その人のキャラクターから聴こえてくる音を
楽曲にし、演出していきます。

ひとりひとりがいきいきと
音を出し、感じ合うことの
喜びは世代も、
その人が生きてきた背景も、
超えて。

そんな音が弾けるライブの場に
ぜひ皆様遊びに来てください。

2022年3月4日(金)〜3月6日(日)中込健太出演「レナード衛藤 “Dynamism 2022”」(東京都渋谷区)

族/米山水木

族/米山水木

約30年前に作り出された、鼓童の伝統曲とも言える演目。
メンバーによって継承され、様々なアレンジが加えられ、長きにわたりファンの皆様に愛されている曲です。
今回演奏するにあたり大きなプレッシャーを感じています。「族」のグルーヴを、自分の身体の中に取り込んで、再創造する。これは、とてもワクワクすることです。

Photo: Takashi Okamoto

原曲から引き継がれてきたグルーヴ感と、お客様との一体感を目指します。先行き不安なコロナ禍の中で、1人でも多くのお客様と、共に前に進む力をお届け出来れば幸いです。

劇場でお待ちしております。

Photo: Takashi Okamoto

↓「族」上演!

11.26(金) 18:30「鼓」(特別出演 小島千絵子
11.27(土) 13:00「鼓」(特別出演 山口幹文

米山水木と北林玲央が「族」のセンターをダブルキャストで務めます!

【鼓童】一同、劇場でお待ちしております!
https://www.kodo.or.jp/performance/performance_kodo/30257

鼓童創立40周年記念公演

2021.11.25(木)〜2021.11.28(日) 東京都渋谷区 Bunkamuraオーチャードホール

開演
11.25(木) 15:00「巴」(特別出演 見留知弘
11.26(金) 14:00「童」(特別出演 藤本吉利
11.26(金) 18:30「鼓」(特別出演 小島千絵子*「族」上演!
11.27(土) 13:00「鼓」(特別出演 山口幹文*「族」上演!
11.27(土) 17:30「童」(特別出演 藤本容子
11.28(日) 13:00「巴」(特別出演 見留知弘
プレイガイド
●チケットスペース Tel. 03-3234-9999(オペレーター対応) http://ticketspace.jp/top?series=1BKDO
●Bunkamuraチケットセンター Tel. 03-3477-9999(オペレーター対応) https://my.bunkamura.co.jp/
●チケットぴあ https://w.pia.jp/t/40kodo2021/ 【Pコード:197-559】
●ローソンチケット https://l-tike.com/play/40kodo2021/【Lコード:33784】
●イープラス https://eplus.jp/40kodo2021/

公演詳細はこちら!

特別企画鼓童創立40周年記念公演

 

大太鼓/中込健太

大太鼓/中込健太

Photo: Takashi Okamoto

大太鼓という演目は
基本的にソロとして
奏者に委ねられるものが
大きいが故に僕は
作品ごとに
いつも迷いながら、
進んできたというのが
正直な気持ちです。

Photo: Erika Ueda

大太鼓をはじめたころには
知弘さんに手組みを
ひとつひとつ手ほどきしていただき、
裏打ちをしながら
身体使いや、曲としての
展開の秘密を垣間見ることができました。

Photo: Erika Ueda

吉利さんは、折に触れて
ノリや大太鼓で遊ぶことの面白さ
そのタッチの豊かさを
今も、ご自身が
体現しながら真っ直ぐに
伝えてくださっています。

Photo: Takashi Okamoto

今回、
充さんの豊かな音のイメージ
を言葉としていただきました。

【鼓】ではそれを心に叩きます。

Photo: Takashi Okamoto

玉三郎さんとの
作曲の中では、西洋楽器との響き合い方や
フレーズを、あえて
変拍子にし
これまでの
大太鼓の語法からはなれて
作り込むことで新しい響きを発見してきたと
感じています。

写真:大森克己

写真:大森克己

昨年は豊田利晃さんと日野浩志郎さん、
相棒の住吉佑太と共に、
戦慄せしめよという映画のなかで
【shiver】という大太鼓の楽曲がうまれ
自然の中や
ライブでも、演奏してきました。

振り返ると沢山の人の
影響をうけながら
右往左往しつつ
自分の音を探し続けてきました。

Photo: Takashi Okamoto

まだ何者にもなれていないという
焦りと
手にしたと思うと
消えてしまう
そんな時間を長く過ごしつづけています。

自分の心の中を見渡すことが
できないように、
大木に開いた仄暗い洞の、中には
まだ見ぬ響きが。


鼓童40年
たくさんの先輩方が
叩き続けてきた
大太鼓に打ち込まれる
一打として
本当に
自分が鳴らしたい音は
どんな音なのだろう
今、
旅をしながら
見いだそうとしています。

Photo: Takashi Okamoto

↓健太の「大太鼓」上演!

11.26(金) 18:30「鼓」(特別出演 小島千絵子
11.27(土) 13:00「鼓」(特別出演 山口幹文
11.27(土) 17:30「童」(特別出演 藤本容子

【鼓童】一同、劇場でお待ちしております!
https://www.kodo.or.jp/performance/performance_kodo/30257

鼓童創立40周年記念公演

2021.11.25(木)〜2021.11.28(日) 東京都渋谷区 Bunkamuraオーチャードホール

開演
11.25(木) 15:00「巴」(特別出演 見留知弘
11.26(金) 14:00「童」(特別出演 藤本吉利
11.26(金) 18:30「鼓」(特別出演 小島千絵子
11.27(土) 13:00「鼓」(特別出演 山口幹文
11.27(土) 17:30「童」(特別出演 藤本容子
11.28(日) 13:00「巴」(特別出演 見留知弘
プレイガイド
●チケットスペース Tel. 03-3234-9999(オペレーター対応) http://ticketspace.jp/top?series=1BKDO
●Bunkamuraチケットセンター Tel. 03-3477-9999(オペレーター対応) https://my.bunkamura.co.jp/
●チケットぴあ https://w.pia.jp/t/40kodo2021/ 【Pコード:197-559】
●ローソンチケット https://l-tike.com/play/40kodo2021/【Lコード:33784】
●イープラス https://eplus.jp/40kodo2021/

公演詳細はこちら!

特別企画鼓童創立40周年記念公演

 

太鼓を伝える。太鼓でツナグ。/小野田太陽

鼓童が培ってきた太鼓の技術をリモートレッスンでお伝えする「鼓童 太鼓の学校」を開始して1年近くが経ちました。0期の受講者の方々とのトライアルを経て、現在は第1期の終盤に向かっております。

若手の自分が教える立場にいる事に最初は戸惑いを覚えましたが、とっても濃厚な経験を積んでおります。

カリフォルニアで生まれ育ったこともあって、レッスンの英語の通訳も担当しているのですが、やはり「言葉」は難しいです。「よろしくお願いします」という挨拶に正確な英訳はないですし、「ふところを深く」などの日本的概念はどう言えば伝わるか… こういった言葉を通訳しながらレッスンを進めているので脳が追い付かないこともしばしば…(汗)。さらには研修所を通じて鼓童のメンバー全員が獲得した共通の感覚を世界の誰しもがわかるように伝えられるようになるまでには時間がかかりました。これは先輩方の話を通訳しつつ自分の感覚とすり合わせて行く中で、日英と頭の中で2回整理できた分「感覚」がより明確な「言葉」になったと感じます。

鼓童に絶対的な「型」が存在しないことも難点でした。「音」に注視しそれぞれの身体にあった打ち方を用いて「良い音」を目指しているので、演奏者が留意しているポイントはそれぞれ少しずつ異なっています。ですので、鼓童式ワークショップのパイオニア的存在である齊藤栄一にアドバイスを乞うたり、鼓童の内外で指導している見留知弘が大事にしている事を体験する勉強会を行ったり。

第0期の「ゲスト回」に登場した齊藤栄一のワークショップ。

こちらは第1期の「ゲスト回」。ゲスト講師の見留知弘が基礎打ちから大太鼓への応用について説明しています。

この他にも様々なメンバーに聞き取りを行い共通点を整理しました。さらには研修生を指導していただいている外部講師の方々も参考にさせていただき今に至ります。

結論としては「型は無い」けど「自然体で太鼓を打つ」のが鼓童流であり、それを体得するために皆日々鍛錬しているということが分かりました。

そのプロセスを共有するのが「鼓童 太鼓の学校」です。ですのでその時担当した講師によってレッスン内容の伝え方が変わるのも醍醐味の一つと思っています。

講師リーダーの阿部好江と。 受講生の方々と丁寧に繋がりを築いていきます。

小松崎正吾の身体作りのパート、舞台に立つ視点からの実際的なアドバイスは「鼓童 太鼓の学校」の特徴。

そこから感じられる先輩方の太鼓への向かい方、言ってしまえば「生き様」を伺える機会は中々ありません。とっても刺激的です。ある意味私にしか経験できない贅沢かもしれません。

でもこの経験を少しでも正確に、世界中の太鼓打ちと共有したい!そんな思いで臨んでいます。

阿部好江と地代純は引き続き第2期も担当。世界の太鼓仲間と繋がる時間をご一緒に。

2022年5月から第2期の「鼓童 太鼓の学校」が始まりますが、私は国内ツアーに出演するため、これまでとは関わり方が変わりますが、今度は「鼓童 太鼓の学校」で培ったものを舞台に活かすべく頑張ります!

太鼓の学校で知り合った方々とも今度はぜひ劇場でお会いしましょう!

 

鼓童 太鼓の学校

 

大太鼓 裏打ち/平田裕貴

大太鼓 裏打ち/平田裕貴

Photo: Erika

私たちが音を鳴らす時、ただ音を出すだけでなく
いつもそこには意識的にも、無意識的にも、想いを込めていて、
「音」という物理的現象だけではないものを
お客様へ届けていると思っています。

それが音を「鳴らす」ことだと私は思っています。

Photo: Takashi Okamoto

ご存知の通り、私は鼓童公式Twitterの担当もしていますが
今回の40周年公演 ブログ連載記事をTwitterで毎回紹介する中で
それぞれの「想い」の強さを改めて感じています。

先日の 東京交響楽団さんとの公演「いのち」でも
『いのち』という楽曲に込めた皆の強い想いを感じていましたが、

「鼓童創立40周年記念公演」では
演目一つ一つへのそれぞれの想いが沢山詰まっていて
これもまた、想いの溢れる公演になると思っています。

せっかくなので、私の個人的なエピソードも語らせてください。


私が今回演奏する演目のなかで、特に思い入れがあるのが
「砂山アンプロンプチュ」「大太鼓」この2つです。

話せば長くなるので、グッと割愛しますが、
準メンバー時代の私が、大先輩の見留知弘に
「知弘さんの大太鼓の裏打ちをしたい」と申し出た際
裏打ちではないながら、太鼓セットのポジションで配役してもらったのが
見留の大太鼓演目「砂山アンプロンプチュ」でした。

Photo: Erika

Photo: Erika

私は鼓童に来る前、九州で太鼓を打っていました。

九州の太鼓といえば猛烈な打ち込みと三つ打ちをイメージする方も多いかと思いますが
まさにその猛烈さが、この曲には盛り込まれていて
九州での約20年間があった私には、心燃える曲でした。

それから幾度となく演奏する中で
自分だから打てる太鼓、自分にしか出せない音、
自分の太鼓のアイデンティティのようなものに
この曲は向き合わせてくれました。

Photo: Takashi Okamoto

自分自身の面白みや、持ち味のようなものは
なかなか自分だけでは気付きにくいものですが
それに向き合わせてくれたこの曲は、私にとって とても大切な曲です。

今回もとにかく真っ直ぐに、猛烈に、全速力で、打ち込みます。

そして4年前、生意気にも自ら申し出た見留の「大太鼓」
今回初めて、裏打ちを務めます。

Photo: Erika Photo: Erika

これまで何人もの裏打ちをさせてもらい
「大太鼓」もまた、私にとって大切な演目です。

石塚充と打った「鼓」ツアーでの大太鼓は毎回本当にエキサイティングで大好きでしたし
その意志を受け継いで打ち込む、中込健太の大太鼓も、太鼓の裏でワクワクしながら演奏しています。

Photo: Erika

「裏打ち」について語り出すと止まらなくなるので、
この話はまたいつか、、、


沢山の想いが詰まった「鼓童創立40周年記念公演」
鼓童メンバー・スタッフ、総力をあげてお届けします。

2度とないこの特別な4日間 6公演、
ぜひ、生でご体感いただけたら嬉しいです。

↓この日にご注目!

11.25(木) 15:00「巴」(特別出演 見留知弘
※「砂山アンプロンプチュ」上演、裕貴「大太鼓」裏打ち
11.26(金) 18:30「鼓」(特別出演 小島千絵子
※裕貴「大太鼓」裏打ち
11.27(土) 13:00「鼓」(特別出演 山口幹文
※裕貴「大太鼓」裏打ち
11.28(日) 13:00「巴」(特別出演 見留知弘
※「砂山アンプロンプチュ」上演、裕貴「大太鼓」裏打ち

【鼓童】一同、劇場でお待ちしております!
https://www.kodo.or.jp/performance/performance_kodo/30257

鼓童創立40周年記念公演

2021.11.25(木)〜2021.11.28(日) 東京都渋谷区 Bunkamuraオーチャードホール

開演
11.25(木) 15:00「巴」(特別出演 見留知弘
11.26(金) 14:00「童」(特別出演 藤本吉利
11.26(金) 18:30「鼓」(特別出演 小島千絵子
11.27(土) 13:00「鼓」(特別出演 山口幹文
11.27(土) 17:30「童」(特別出演 藤本容子
11.28(日) 13:00「巴」(特別出演 見留知弘
プレイガイド
●チケットスペース Tel. 03-3234-9999(オペレーター対応) http://ticketspace.jp/top?series=1BKDO
●Bunkamuraチケットセンター Tel. 03-3477-9999(オペレーター対応) https://my.bunkamura.co.jp/
●チケットぴあ https://w.pia.jp/t/40kodo2021/ 【Pコード:197-559】
●ローソンチケット https://l-tike.com/play/40kodo2021/【Lコード:33784】
●イープラス https://eplus.jp/40kodo2021/

公演詳細はこちら!

特別企画鼓童創立40周年記念公演