【”千の舞”への道】笛の音色とバックグラウンド/木村佑太

「千の舞」にはスペシャルゲストとして木村俊介さんをお迎えしており、木村さんご自身は笛と三味線を演奏されていて、更に木村さんの楽曲も演奏させていただいております。

Photo: koji

学生の頃から木村さんのCDなどを聞いていて、苗字も”木村”で同じなので勝手に親近感を覚えていて一方的に僕が知っているだけだと思っていたら、母と弟が木村さんのコンサートに何度も行っている事もあり、「あの木村さんだよね〜」とまさかまさか僕の事を知ってくださっていました。色んな所にご縁があるんだなと実感しました。木村という苗字にも感謝(笑)

Photo: koji

鼓童で笛を吹くにはまず太鼓に負けないような力強い音が求められます。僕はひたすら力強く、音はデカく。この二つをかなり意識して稽古しております。ただ、木村俊介さんの音色は力強くも澄んだ音で「すぅーーー」と耳の中に入ってくる感じがします。高い音を近距離で聞いても耳に馴染んでくる感じで、同じ篠笛という楽器を使っていても、根本的な性格やその人のバックグラウンドから音色が変わってくるのだなと感じました。

Photo: koji

千絵子さんの舞にも圧倒されますが、是非木村俊介さんの笛や三味線にも注目して見て頂けると楽しさ倍増です!もちろん鼓童の木村の笛にも少しだけご注目頂けたら幸いです!
見返すと木村って文字がたくさんありますね(笑)

木村佑太


2019年12月23日(月)
鼓童「千の舞」 〜小島千絵子芸歴40周年記念公演(東京都文京区)

鼓童「千の舞」 〜小島千絵子芸歴40周年記念公演(東京都文京区)

「道」ブログリレー06: やるかやられるか/木村佑太

やるかやられるか

二曲目に演奏する「The Hunted」。

この曲は「KIRINAのテーマ」と同じく、映画『The Hunted』の曲で、この映画のメインテーマです。

映画の内容は忍者映画で、言わば【やるかやられるか】の非常に緊迫した雰囲気を表現している曲です。

Photo: Takashi Okamoto

曲中で僕は能管を担当し、ソロや最後の盛り上がるシーンで緊迫した雰囲気の中におどろおどろしいながらも攻撃的な音色を意識して演奏しております。

Photo: Takashi Okamoto

能管は昨年「幽玄」の中でも演奏しており、本場の歌舞伎座で吹かせて頂きました。ですので能管を手にすると歌舞伎座で感じた緊張を思い出し、自然と気が引き締まります。

実際、HUNTEDを演奏している時は一瞬でも隙を見せたら他のメンバーの音に呑み込まれるのではないかと思うくらい舞台上ではピリピリとした空気が流れています。

Photo: Takashi OkamotoPhoto: Takashi Okamoto

やるかやられるか。

そんな緊迫した雰囲気を感じて楽しんで頂けたらと思います。

次回の道ブログリレーは
「鼓童の音/米山水木」
お楽しみに!

Photo: Takashi Okamoto

 

公演詳細:

https://www.kodo.or.jp/performance/performance_kodo/16691

6月以降のスケジュール

待望の新作DVD発売中!

Photo: Erika Ueda

この日を楽しみにしてくださっていた方も、「え‼そうなの!?知らなかった!」という方も、ぜひ1枚。見応えある94分、ノーカットライブ収録です。

発売日:2019年5月24日(金)
価格:4,860円(税込)

商品の詳細はこちらから。
http://store.kodo.or.jp/?pid=141745460

公演会場、鼓童オンラインストアにて販売中

2年越しのリベンジ/木村佑太

2月1日にモスクワにて初日を終え、本格的にヨーロッパツアーがスタートしました!
2年ぶりに再開する人や風景、食事などを楽しみながら行きたいと思います。

前回のヨーロッパツアーについていた頃はまだ僕は準メンバーでした。その時はここでは書けないような失敗をしたりして沢山の迷惑をかけてしまっていました。怒られては凹んで、また怒られてetc. 必死に食らいついていた日々は今では良い思い出ですがあまり思い出したくないですね。笑

 

タイトルにもあるようにこのヨーロッパツアーは僕にとってはリベンジの場だとも思っています。2年前の苦しかった時期を忘れた事は一度もありません。
だからこそ「この2年間、遊んでた訳じゃないんだぞ」と。苦い経験はその土地で!!! 結局忘れられはしないと思うのですが・・・

 

海外は良いですよ〜。拙い英語で会話して伝わった時とか些細なことで楽しめます。
こんなに海外に来るのであれば、英語の授業をもっと真面目にやっておけば良かったと後悔しているきむくんでした。

 

 

 

 

 

今日の劇場はこちら (2020年2月4日)

鼓童ワン・アース・ツアー2020「Legacy」ヨーロッパツアー

 

OK!!/木村佑太

開演前、入念にチェックを行います。
置き位置はもちろん、バチの確認、太鼓のチューニング etc…
全て状態が整った時に僕たちは「プリセットOK」と言います。

Photo: Yuta Kimura

僕が鼓童に入っていいなって思ったことの一つに、太鼓をとてもとても大切に扱うこと。

太鼓の革の状態に気を使うのはもちろん、開演前には拭いてあげて綺麗な状態で舞台に臨みます。

Photo: Yuta Kimura
ある先輩に「起こりうる全ての事態を想定して準備をしなさい」と言われたことがあります。

どんな地域でも、どんな会場でも、どんなお客さんにも今、自分が出来る最大限の演奏をするために開演前のチェックを怠りません。

Photo: Yuta Kimura

北米ツアーはまだ沢山の地域に行きます。

毎公演、僕たちの想いが音に乗ってお客さんに届きますように
「プリセットOK!!」

Photo: Yuki Hirata

 


 

鼓童・北米ツアーメンバーは今ここ!
アメリカ、ミネソタ州 ロチェスター

2019.02.22(金) アメリカ、ミネソタ州 ロチェスター Mayo Civic Center – Presentation Hall

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)


 

鼓童若手連中② 「やるだけ」/木村佑太

「明日の若手だけでの稽古、見にいっても良いですか?」

Photo: Erika Ueda

1年前、演出を担当することになっていた遼太郎さんに勇気を出して言ったのが僕の『若手連中』の始まりです。研修生時代に1番僕に声をかけて下さったのが遼太郎さんでした。その人の初演出の作品に内心めちゃくちゃ出たいと思っていました。

Photo: Erika Ueda稽古終了後に集まった時に「きむを若手連中に入れます」と。嬉しかったな〜

稽古は基本的に普段の稽古の合間を縫ってやりました。本当に限られた時間でしたが、曲作りをみんなでやっている時は子どもの頃の秘密基地を作っている感覚と似た感じがあって、非常にワクワクしていました。

Photo: Erika Ueda

本番前の最後のリハーサル。それはもうボロボロでした。焦りました。これ出来るのか?と本気で思いました。その後のミーティングで言葉は覚えていませんがここまで来たら腹を括ってやろうと言うのを全員で再確認し本番に挑んだのを覚えています。

Photo: Takashi Okamoto

思いっきり全力でやった昨年の『若手連中』。すごくお客様に喜んで頂きました。今年は一味違うのを、、、と言いたいところですが僕にはまだ大人な味なんて出せません。やれるだけの事をやるだけです!

全力でやってきます!!

Photo: Erika Ueda

2018年7月17日(火)〜22日(日)Kodo Next Generation(フランス・パリ)

Photo: Takashi Okamoto