大きな扉/梅垣晶子

Photo: Akiko Umegaki

今回、19年振りに中国本土で公演を行うことになりました。日本のお隣にあって、そして太鼓も含め、文化的にも歴史的にもたくさんの影響を受けているにも関わらず、実際のことろ、あまりよくわからない、近いようで遠い国、それが中国に対する正直な印象でした。

実際、公演までの約9ヶ月間、準備を進めて行く中で、物の見方や考え方、仕事の進め方など、欧米や日本のツアーではこれまで自分が「普通」だと思っていたことが通じないことや尺度の違い、というものを度々思い知らされてきました。

人口は日本の10倍、国土は25倍、歴史は2倍以上ある国です。当たり前のことですが、中国のエージェントを信頼し、そのやり方を尊重し、提案に寄り添い、このプロジェクトを推し進めていくことが、最良の策であり、19年間閉じられていた扉を開く鍵になる、ということを痛感しました。

広州タワーと私達のトラック/北京の劇場入り口

実際に行ってみた中国は、日本より進んでいるシステム、食の豊かさ、日本語を話せる人の多さ、仕事の速さや丁寧さなど、驚きの連続でした。

進んでいるシステム

Photo: Akiko Umegaki

その1、大きな画面のチケットシステムで、携帯をかざして、お支払い&チケット受け取り

Photo: Akiko Umegakiその2、遅れてくるお客様用のチケット取り置きロッカー

Photo: Akiko Umegaki
その3、センスの良いプログラム

そして、日本のメディアでは、滅多に取り上げられることがない、多くの人の優しさやサポートにより、3都市6公演、プラス、沢山のメディア対応やイベント出演を行うことができました。同時に中国という国が急成長している理由も良くわかりました。

上海公演2日目。在上海日本国総領事館にお招きいただき、上海の今、そして日本と中国のこれからについて、貴重なお話を伺うことができました。

北京公演では、19年前の公演をご覧になった李長鎖さん(写真上)という写真家の方にお会いすることが出来ました。19年前は、反日感情が強く、今のように中国人が自由に海外旅行をする前だったため、当時の客席は、非常にピリピリしていたそうです。

それが、19年経って、若い世代の人たちが、こんなにも大きな拍手や歓声で、鼓童の公演を楽しんでくれたこと、李さんも感動していましたし、私も本当に嬉しく思いました。

Photo: Wilson Tong

Photo: Wilson Tong

Photo: Wilson Tong

こうしてまた一つ、One Earth の輪が広がったこと。

19年振りということで、ほぼ何の実績も無い中国で、ゼロからスタートし、大きな扉を一緒に開いてくれた鼓童のメンバー、スタッフ、そして私たちを暖かく迎えてくれた中国側のスタッフ、そして、お客様に心より感謝します。

Photo: Akiko Umegaki

上海の野外公演、細やかで力強いサポートをしてくださった中国のスタッフの皆さんと

Photo: Hayato Otsuka

スナオと、北京の劇場の映えスポットで。

2019年7月鼓童ワン・アース・ツアー2019〜螺旋(中国)

鼓童「焔の火」がAmazon プライムに!/草祐加

結成30周年を迎えた2011年、日本縦断ツアーの締めくくりとなる12月に行われた渾身のステージをライブ収録いたしました映像が、この度Amazon プライムにて視聴いただけるようになりました!

今までご覧になられたことがない方も、久しぶりに観たいなぁという方もぜひご覧ください!

◼︎ディスコグラフィーはこちらから
https://www.kodo.or.jp/discography/index_ja.html

◼︎Amazon プライム はこちらから
http://amzn.asia/d/7KHI8M3

 

▼アメリカとイギリスでも配信しています

アメリカのAmazon
https://www.amazon.com/dp/B073X5ZDF9

イギリスのAmazon
https://www.amazon.co.uk/dp/B073X5ZNHT

▼他の国に向けては、Vimeoでも有料配信してます。

Vimeo(多言語表示)
https://vimeo.com/ondemand/kodohonoka

無限の可能性/神谷唯

私たち鼓童は、「太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見いだし、現代への再創造を試みる集団」です。

でも、音楽芸能以外にも太鼓は無限の可能性を秘めていて、
太鼓の周りに人が集まり、太鼓を通して人が繋がる。

私にとってそれが太鼓の一番の魅力だと感じています。

北米で2ヶ月間行ってきた「Evolution」ツアーも残すところ一公演。

これまで北米各地でたくさんの出会いと再会に恵まれました。

各地でそれぞれの活動に励む現地の太鼓グループさんや、長年鼓童を応援してくださっている皆様、それぞれが太鼓に対して熱い思いを持っていて、私たちも沢山の元気と力をもらって参りました。本当にありがとうございました。

太鼓の可能性はまだまだ無限。
これからどんな人に出会えるんだろう、どんな友情が生まれるんだろう。
私のちょっとした楽しみです。

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)


それぞれの思い/秋元阿実

今回初めて鼓童のツアーのお手伝いをさせて頂きました、秋元阿実です!

Photo: Koji Miyagi

鼓童の演奏は、前に観客の一人として何度も見させて頂いていましたが、短い期間ながら、今回のツアーに裏方として同行させて頂くことで、新しい学びや違った視点からの見方、そしてたくさんの「思い」に触れる事ができました。

Photo: Leo Ryotaro

鼓童の演奏やスタッフメンバーも、それぞれ違った理由や思いを持って、自分の中の悩みや不安や挑戦に向き合いながら、すべてのメンバーが気持ちを一つにして素晴らしい演奏を毎回舞台上で作りあげる。

Photo: Takashi Okamoto

このツアーで鼓童の皆さんと一緒に過ごす時間の中で、何度も見学していたリハーサル、そして迎える本番の公演、個人で黙々と練習をする姿、バスで静かに休んでいる様子、体調の低下や疲れを感じているメンバー、仲間を見守る姿、みんなと一緒にワイワイ過ごすハッピーな一時、そんな中でお互いを尊重し合う姿は常にありました。

Photo: Yui Kamiya

私もメンバーと過ごす時間が増えるうちに、毎回訪れる本番の演奏は一味違うように見えたり、見ている自分の気持ちに変化があったり、新しい気づきが毎回発見することができました。

Photo: Takashi Okamoto

観客も、太鼓が好きで見にくるお客様もいれば、様々な興味を持って、来場するお客様もいる。そしていろんな思い思いの理由でその演奏に感動する。

笑顔になって帰っていく観客の姿、希望の種がまかれたかのように目をキラキラさせて、何か勇気をもらったかのように見えた観客の様子、演奏での正確でしなやかな動きを見て、自分の生活を見直したい、また、やる気を引き出された方たちの姿。

鼓童はそれだけ幅広くいろんな方たちの心に響いていく何かを作り出しているのだと実感しました。

Photo: Takashi Okamoto

こういった様々な思いがある中での生まれるいろんな感動や共感は、不思議な感覚にさえ思え、またそれが、とても魅力的にも感じてきていました。

それはご来場するお客様だけでなく、会場のスタッフの方、バスの運転手さんに至るまで、笑顔やポジティブな印象を残していけたと思いますし、ツアーの中で多くの素敵な方たちとのご縁を頂くこともできました。

それは言葉以上に、お互いに理解したい、もっと知りたい、思いを届けたい、という熱意からくるものかもしれません。

Photo: Takashi Okamoto

まさに「One Earth Tour」 の名前に託されている願いのように、鼓童に触れた一人ひとりの方たちが、「鼓童」という存在がすてきな存在としていつまでの心に残るよう、そして、鼓童をもっと理解できることで、いつまでもその感動が心の中で鳴り響いているよう願っています。

Photo: Takashi Okamoto

さらに言えば、「太鼓」というものを世界の人たちによりよく理解をしていただければ、たくさんの可能性は無限にあって、素敵な出会いがたくさん生まれるような気がしてワクワクしています!

未熟な私はまだ学ぶことがたくさんありますが、そういうことのお手伝いをさせて頂きたいともっと強く思うようになりました。

このように思えたのも、ツアーに関わっている鼓童の演奏者メンバーやスタッフの方達、現地スタッフの方達、そしてアメリカでこのツアー中に接することができた多くの皆さまのお陰だと、感謝の気持ちでいっぱいです!

今回巡ってきた様々な場所に残した鼓童の皆さまの足跡が、次なる感動の種として育っていくことを心より願っています!

鼓童・北米ツアーメンバーは今ここ!
カナダ、オンタリオ州 トロント

 

2019.03.21(木) カナダ、オンタリオ州 トロント Sony Center for the Performing Arts

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)


ONE EARTH/宮城紘司

Photo: Yui Kamiya

北米ツアーも残すことあと10日ほどになりました。
この旅を続けていく中で度々思い返す言葉があります。

私たちは、太鼓とともに世界をめぐり、
多様な文化や生き方が響き合う「ひとつの地球」を目指します。

Photo: Takashi Okamoto

これは鼓童グループの活動理念です。

研修所に入所した際にこの言葉を学び、その意味について同期や先輩、後輩と話し合っていた頃を今でも覚えています。

最初は文言を覚えることで安堵し、なんとなく理解しているつもりでした。

それから数年が経ち、今このように実際に太鼓とともに世界を巡っていますと、
「世界」というのはまだまだ自分が想像していたより遥かに大きく、「自分が知らない世界」の方が大半を占めていることに改めて気づかされます。

Photo: Ami Akimoto

幼少期からアメリカで育ち「北米」というものを知っているつもりでいましたが、訪れる先々では新たな発見や出会いに溢れていました。

地域によっては景色や気温も違えば、人種や国籍も様々です。

街ひとつをとっても、経済大国を象徴するかのように連なる高層ビルの下にはダンボールの上で縮こまっているホームレスが寝ています。

Photo: Koji Miyagi

大学生が中心となって活気付いている学生町もあれば、家族でオシャレな服にドレスアップして公演を観にきていただけるような地域もありました。

Photo: Koji Miyagi

様々な地域を巡る中で、多様な生き方や文化が混在していることを実感しています。

今回の旅では誰しもが知っているであろう大都市だけでなく、そこから少し外れた町などへにも旅をすることで様々な発見があり、その都度、自分たちの活動理念に振り返る機会を頂いています。

Photo: Koji Miyagi

そんな中、鼓童の公演を観にきてくださるお客様は終演後には子どものように無邪気な顔で私に必死に感想を伝えてくれます。

「太鼓の振動が身体全体に伝わってくるんだ!」
「大きい音だけかと思ったら、すごく繊細な音もあって驚いたよ!」
「彼らはどうやったらあそこまで打てるようになるんだ?みんな疲れないのか??」

Photo: Koji Miyagi

公演をおこなう場所が毎回違えど、終演後のお客様の無邪気な笑顔はみんな一緒です。

自分たちが「太鼓とともに」世界をめぐることで「ひとつの笑顔」を今回は見つけることができました。

Photo: Yuki Hirata

きっと私が知らない世界はまだまだあり、今の世界情勢では太鼓を演奏することができない地域や、喜んでいただけない地域もあるかもしれません。

それでも鼓童が続く限り、新たな世界へ旅を続け、いつかはどこにでも太鼓の響きを届けることができる「ひとつの地球」ができることを楽しみにしています。

Photo: Leo Ikenaga

 

鼓童・北米ツアーメンバーは今ここ!
カナダ、オンタリオ州 トロント

 

2019.03.21(木) カナダ、オンタリオ州 トロント Sony Center for the Performing Arts

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)