大井キヨ子聖火リレー完走!!/新井和子

Photo: Taiyo Onoda

6月4日 雨のふりしきる中、東京2020オリンピック聖火リレー新潟1日目、鼓童創設メンバーで現在もスタッフとして在籍している大井キヨ子が佐渡区間の最終奏者として、完走しました。

中継地セレモニー後のプログラムで予定していた鼓童の演奏は雨で中止となってしまいましたが、出演予定だったメンバーは入場が許可されていたので、応援にかけつけました。

佐渡の最終地点、ジブリ映画 「天空の城ラピュタ」の景色に似ていると評判の、北沢浮遊選鉱場きたざわふゆうせんこうばで到着をまっていると、雨と霧でけぶる遠くに聖火トーチの炎がはっきりと見えました。それがだんだん近づいてくると自分でも思っていた以上に胸がきゅっとし、どんどん気持ちが高まっていく感動的な体験でした。

Photo: Kazuko AraiPhoto: Tomoe Miura

大井キヨ子(旧姓小幡キヨ子)は鼓童の前身である、鬼太鼓座おんでこざ時代にボストンマラソンを6回走り、78年には6位に入賞、その翌年79年に別府大分毎日マラソンで2時間48分52秒の記録を出した日本女子マラソンのパイオニアです。この記録は男性と一緒に走ったために、非公認とされたことで、自分が「国内大会女子マラソンランナー第一号」といっていいのかという思いがずっと胸にあったと聞いています。

今回 聖火ランナーに決まり「認めてもらえた思いでとても嬉しい!その感謝の気持ちで走る」と前日に話をしてくれました。Photo: Kazuko Arai

Photo: Tomohiro Mitome

感謝に溢れた満面の笑みで走ってくる仲間を応援できて、私たちも満面の笑みで帰路につきました。

「アース・セレブレーション2021・クラウドファンディング」実施中!/本間康子

EC2021「ハーバーライブ」をインターネット配信「ZAIKO」でご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。
さらに多くの方にご覧いただき、これからのECを支えていただくことを目的に、クラウドファンディングを9月10日まで実施中です。

8月上旬に「無観客・インターネット配信のみの開催」に変更が決定してから、クラウドファンディングの実施を決定し、急遽作業をスタートしました。
プロジェクトページを公開できたのは、ECの本番前夜、8月20日の夜7時過ぎ。

スタートから5日間で、ご支援額は100万円を超えました。本当にありがとうございます!

今年34回目を迎えたECでは、これまでにも様々な名場面や、素晴らしいライブがありましたが、今年の「ハーバーライブ」も屈指の名演となりました。

もしも、ZAIKOでの視聴方法がわからず見逃してしまったという方がいらっしゃったなら、それは本当に残念だと思いましたので、できるだけ多くの皆様にご覧いただきたいと、別の方法でご覧いただける「リターン」をクラウドファンディング内にご用意しました。

ご支援いただきますと、アカウントを作成することなく、通常のブラウザでハーバーライブが1ヶ月間ご覧いただけます。
そして、すでにZAIKOで見たけれど、また見たいなあと思われる方もいらっしゃるはず!
そんな方ももちろん大歓迎です!

皆様からの応援、よろしくお願いいたします!

8月21日「見留知弘鼓童在籍30年記念公演『軌跡』」より三宅島芸能同志会・津村明男氏と見留知弘

8月21日「見留知弘鼓童在籍30年記念公演『軌跡』」よりヒダノ修一氏と見留知弘

8月22日「鼓童オールスタースペシャルライブ」より

 

寄付の使途について

目標金額の200万円は、コンテンツ制作のための人件費+配信するための経費の不足分をまかなうためのものです。
クレジットカードの決済手数料等の必要経費を差し引いた金額を、鼓童文化財団よりアース・セレブレーション実行委員会へ入金いたします。

 

クラウドファンディング・プロジェクトページ

「アース・セレブレーション2021」を応援お願いします!~Please support Earth Celebration 2021!~

■目標金額:200万円
■受付期間:9月10日(金)まで

リターンのお届け時期について

  • お礼動画・ライブ動画(リンク):
    9月初旬より順次メールにてお届け
  • Tシャツ:
    国内:9月中に宅急便にてお届け
    海外:9月中にEMSで日本から発送
  • サイン入りポスター:
    国内・海外とも:9月中旬に郵送

上記の予定でお届けするべく、準備を進めております!

無料オンライン企画ハイスクールアカデミア受講者受付中!/新井和子

ハイスクールアカデミア開催
2021年3月25日(木曜日)14:00-15:00

無料でオンライン参加できる企画のお知らせです。

公益財団法人文京アカデミーが企画する「ハイスクールアカデミア講座」。中高生を対象にこれからの進路の先にどのような職業があるのか、さまざまな業種の先輩方の話を聞く企画です。

今回「舞台人/太鼓奏者」として三枝晴太が話をする機会をいただきました(写真右)。ナビゲートするのは鼓童ハートビートラヂオのパーソナリティとしてもおなじみ、小松崎正吾。(写真左)

話の内容は中高生に向けてですが、今回はオンライン開催ということで、文京区以外の全国どこからでも大人の方でもメールアドレスお持ちの方ならどなたでも参加可能です。

進学校に在籍していた高校時代にどんなきっかけで鼓童研修所の門をたたいたか、今はどんな生活をしているのか、今後の夢は・・・
飾らない等身大のトーク企画。是非ご参加ください。

ハイスクールアカデミア

日時 2021年3月25日(木曜日)14:00-15:00
対象 どなたでも(メールアドレスをお持ちの方)
定員 30名 ※前日まで受付可
料金 受講料無料
お申し込み https://www.b-academy.jp/manabi/060123.html
お問い合わせ アカデミー文京 学習推進係 Tel. 03-5803-1119

ヨーロッパツアーを終えて

2022年3月29日、エストニア、タリン。ウクライナから避難された方々を対象とした特別公演のフィナーレ。

洲﨑拓郎

ヨーロッパツアー班が帰国いたしました。

多くの方々を公演会場にお迎えでき、喜んで頂けたことは本当に嬉しいことでした。改めて、ご来場いただいたお客様と公演実現に尽力いただいた関係者の皆様へ心より感謝申し上げます。

今回はパンデミックの中で多くの困難と向き合い、公演が中止になるなど私たちも直接的に大きな影響を受けました。エストニアでは、ウクライナから避難して来られた方々に向けた公演を行い、戦争により住む場所や家族を奪われた多くの方々を、間近に感じることとなりました。

ツアーキャストは、みな心を揺さぶられて帰ってきました。彼らの思いを改めて皆様にお伝えしたいと思います。また、それを鼓童の思いとして深め、私たちに出来る事を考え続けてまいります。

株式会社北前船 代表取締役社長
洲﨑拓郎

 

池永レオ遼太郎

先日、2ヶ月のヨーロッパツアーを終え、無事に帰国致しました。

ツアー途中で全公演を打ち切り、急遽帰国した2年前のヨーロッパツアーも印象的でしたが、パンデミックと戦争の最中に巡った今回のツアーは、私たち一人ひとりの魂を揺るがす経験となりました。

毎公演沢山のお客様に迎えて頂き、行く先々で「来てくれてありがとう」という言葉を頂きました。

パンデミックが始まって以来、日頃から自分たちの存在意義などについて葛藤していた私たちにとっては、何よりの報いの言葉でした。

太鼓を通じて、私たちに何ができるか。

この事と向き合う事が、40年以上も前から世界を旅してきた鼓童で太鼓を叩く者としての大切な使命である事を再認識したツアーでした。

鼓童
池永レオ遼太郎

宮本常一先生からの手紙、そして「ひとつの地球」/洲﨑拓郎

鼓童が目指す「ひとつの地球」について考えています。

長い歴史の中で、人は自分自身や家族、誇りを守りたいと思い、より良い暮らしを求め、新しいことに挑戦し、自然を理解しようと努めてきました。同時に、それらが隣人に侵されるのではないかと恐れ、また押し入って略奪し、争い続けてもきました。

何千万、何億という人々のそうした動機に基づく、国家間の綱引き、そして悲劇的な紛争。毎日メディアで伝えられる一つ一つの出来事に対し、理屈や言葉で向き合おうとすると、無力感にさいなまれます。それはたいてい今に始まったことではなく、何十年、何百年、時に何千年も前から、地域や記憶に凝り固まっているものに突き動かされているからです。

先日、1975年に宮本常一先生から、鼓童の前身である佐渡の國 鬼太鼓座の団員に宛てた手紙が見つかりました。フランス、パリのピエールカルダン劇場で連続公演を終えた当時のメンバーが投函した手紙に対し、お返事としていただいたものです。

 

そこには、以下のように綴られていました。

世の中が便利になりすぎて、佐渡もパリーもあまり距離がなくなりました。ただわれわれにはまだ大きな距離感があり、感覚の上でも隔絶したものがあります。いま一番大切なことは、そうした民族間の隔絶感をなくすることだと思います。

〜中略〜

戦争をなくするためにはどれだけの手続きと努力が必要なのかを考え続けています。皆さんが太鼓を叩いているのもおなじ希望を持ってのことと思います。

「民族間の隔絶感」は、47年を経た今になっても、残念ながらなくなっていません。交通や情報の流通が進化しただけでは変わっていかない、「感覚の隔絶」をどうするか。

何千万、何億という人々には、国家の枠組みとは別に、それぞれに日常と暮らしがあります。声高に聞こえてこない、ささやかで、理屈や言葉にならない喜びや、時に悲しみ。そうしたものは民族の違いや国境に左右されず、脈々と続いてきました。

それらが祭りや芸能、音楽で横に繋がり、そうして笑顔や喜びが、凝り固まった恐れをすこしずつ溶かしてくれないだろうか。そうすれば、地球がすこしずつひとつになっていくのではないだろうか、と考えます。

1984年の開始以来38年目を迎えた「ワン・アース・ツアー」、2月〜3月に欧州9カ国を巡ったこの旅は、さまざまな困難に遭いながらも、多くの方々に支えられ、本日千穐楽を迎えることができました。心から感謝するとともに、このツアーも「ひとつの地球」に、ほんの僅かでも近づく一歩になっていれば、と願わずにはいられません。

わたしたちは、太鼓の響きが生み出す「共感共同体」を作る活動が、47年前に宮本先生から頂いた手紙に対する、ひとつの答えになり得ると信じています。疫病や紛争に対し、恐れに囚われず、笑顔を交わし合うことが出来る人間の心を信じ、太鼓と芸能を楽しみ、これからも活動を続けてまいります。

宮本常一
民俗学者、農村指導者。最初期の鬼太鼓座の活動に大きな思想的影響を与え、その知識や発想は現在に至っても、鼓童の活動の根底に脈々と受け継がれています。

写真:Radoslaw Kazmierczak

ご支援のお願い