おすすめ!私の一枚(12)三浦友恵 / CD『TATAKU BEST OF KODOⅡ 1994-1999』

わたしの好きなCDは『TATAKU BEST OF KODO Ⅱ 1994-1999』です。小学生の時に買ってもらったCDです。家族でドライブに行く時に、車の中でよく流れていました。その中でも《いつかまた》と《宇宙の歌》と《蒼き風》と《虹のなごり》が好きで、リピートをして何度も何度も繰り返し聞いていました。

《いつかまた》は前に入っている《SHAKE》を飛ばして聞いたり(決して嫌いではないです)、《虹のなごり》では容子さんが唄っているのを一緒に大声で歌ったりして、このCDには私の楽しい思い出がたくさん詰まっています。

鼓童のメンバーになり、《蒼き風》を演奏する機会が何度もありました。
しかし思うように演奏できず、今でも自分の思うように演奏はできません。
悔しい・・・。そんな簡単にできる訳もないですね。がんばります。

90年代の素敵な曲が厳選されているアルバムです。ぜひ、聞いてみてください!!

 

CD『TATAKU BEST OF KODOⅡ 1994-1999』

↓試聴はこちら
https://www.kodo.or.jp/discography/sicc1066_ja.html

↓鼓童オンラインストアでの購入はこちら
http://store.kodo.or.jp/?pid=128516747

【”千の舞”への道】鼓童の舞手/三浦友恵

この度は芸歴40周年、花八丈20周年おめでとうございます。

鼓童で憧れの先輩である小島千絵子のお祝いの舞台に一緒に立たせていただけることを嬉しく思います。

初めてお会いしたのは鼓童研修所の試験でしょうか。まさか自分が鼓童の踊りに惹かれることになるとは思いもよりませんでした。初めに惹かれたのは扇子と傘をグルグルと回すところ。(踊りではないかもしれませんね…笑)

Photo: koji

私もあんな風に回したい!って思ったんです。それから本格的に踊りに没頭していきました。

メンバーに上がり、様々な踊りをさせていただきました。笠の向き、手の捌き、足捌き、着付け。初めはゆっくり歩くことさえもまともにできませんでした。一緒に稽古場を歩いて稽古付けてもらったり、、、千絵子さんの芸を盗むことの大変さ。スケジュールが合った時に数日だけ鞄持ちもしました。何度やっても千絵子さんと比べられることの苦しさや歯痒さ。背中は遠いところにあります。

Photo: koji

それ程、鼓童で千絵子さんが残してきたものの大きさがあります。しかし千絵子さん自身も、太鼓の集団の中で踊りをやってきた苦悩は計り知れないものがあり、楽しいよりも苦しい時期がほとんどだったのではないでしょうか。

だからこそ今の小島千絵子があると思いますし、多くの人の心を動かす舞を舞うのです。今は必死に追いかけていますが、いつかは肩を並べられるくらいの人になりたい!笑

Photo: koji

文京の大きな花舞台。千絵子さんにとって集大成?いやいや、通過点です‼︎

千の舞はだんだんと蕾が割れ12月末には大きな大きな花を咲かせます!

また一つ鼓童の舞手に大きな功績を残しますよ!皆さまどうぞお楽しみに!


2019年12月23日(月)19:00開演
鼓童「千の舞」 〜小島千絵子芸歴40周年記念公演(東京都文京区)

鼓童「千の舞」 〜小島千絵子芸歴40周年記念公演(東京都文京区)

小木港祭り/三浦友恵

Photo: Ryotaro Leo Ikenaga

8月24日(土)、25日(日)に拠点の佐渡・小木地区で「小木港祭り」が開催されました。

Photo: Ryo Tamura

毎年、鼓童は小木の皆さんにアース・セレブレーションのお礼の気持ちを込め、祭りに参加させていただいています。

山車を引き、太鼓を打ちながら小木の町をまわり最後に木崎神社に奉納演奏します。木崎神社に入る前は、祭りを終わらせたくない人と早く木崎神社に入りたい人との攻防戦。戦いは長期戦でした・・・。

今年は山車のロープ、キャスター、花飾り用の竹を新調し、小木祭り太鼓の会としても新鮮な気持ちで参加しました。

Photo: Ryoma Tsurumi

Photo: Ryotaro Leo Ikenaga

小木町の皆さんから声をいただくと、鼓童は本当にたくさんの方に支えられているんだなと再確認するとともに、気持ちを新たに9月からのツアーも頑張ろう!という気持ちになりました。

Photo: Ryotaro Leo Ikenaga

マーティン誕生日/三浦友恵

Happy Birthday マーティン!

肌寒い日々が続いている北米ツアー班はロサンゼルスへやってきました!

リトルTokyoにて久しぶりの日本食を食べたり、お買い物をしたり、それぞれ楽しく過ごしています。

Photo: Koji Miyagi

Walt Disney Concert Hall 音出しタイム

ロサンゼルスの「Walt Disney Concert Hall」での演奏でした。そして、この日は私たちのツアーには欠かせないテクニカルディレクター マーティンの誕生日です。(海外ツアーではバレンタインデー前の恒例行事となりました‼︎)

Photo: Yui Kawamoto

マーティンと鼓童は2007年から一緒に海外ツアーのお仕事をしています。テクニカルディレクターとして、現地スタッフさんを指揮したり照明オペレーターをしたり、私たちの舞台で必要不可欠な存在です。

マーティン誕生日サプライズを担当したのは鼓童メンバーの一誠。一週間前くらいからサプライズを考え、スタッフに相談しながらサプライズ本番を迎えました。

Photo: Yui Kawamoto

サプライズ担当の一誠。一生懸命、英語でセリフを覚えています。

リハーサル最後に「『夕闇』のリハーサルをやり直しさせて下さい」この言葉を合図に、裏ではマーティンの大好きなイチゴがたくさん乗ったケーキが準備され、必死にロウソクに火を灯す制作スタッフ。(今回特別にロウソクの許可をいただきました)

Photo: Yui Kawamoto

舞台ではリハーサルは終わりと思い楽屋に帰りそうなマーティンをマネージャーが必死に止めてマーティンにやり直しを伝え、メンバーは急いで舞台上のセットチェンジ。マーティンが『夕闇』の照明に変え、いよいよサプライズスタート‼︎

(▼『夕闇』聴きたい方はこちら)

いつもは舞台の上下から笛が登場するところを上手から笛、下手からロウソクの火が付いたケーキが登場。『夕闇』の音楽に乗せて、一誠からマーティンへのお祝いメッセージ。メッセージの最後 “Happy Birthday “を合図にみんなでマーティンへバースデーソングを合唱しました。

Photo: Yui Kawamoto

そしてみんなの寄書きをプレゼント。サプライズは大・成・功‼︎マーティンの素敵な優しい笑顔が見れました!

Photo: Yui Kawamoto

マーティン Happy Birthday!そしていつもありがとうございます。これからもお互い身体に気をつけてツアー頑張りましょう!

『夕闇』収録のCD「カデン」
http://store.kodo.or.jp/?pid=128516760

鼓童オンラインストアで販売中!

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)


鼓童若手連中(12)「千穐楽」/三浦友恵

Photo: Takuro Susakiみなさん、こんにちは。

天気の良い日が続き、心地よい風が吹くヴァンセンヌの森。パリに来て、10日が過ぎました。

Photo: Takuro Susaki

日々色々なことがあり自分の未熟さを感じますが、私もまだまだ若手。この経験を糧にこれから続く太鼓人生を頑張ろうと決意を新たに舞台に立っています。

Photo: Takuro Susaki

パリ郊外、ヴァンセンヌの森に拠点を置く太陽劇団で生活をし公演を行っています。

Photo: Takuro Susaki

団員のみなさんが毎食ご飯を作ってくださり、私たちの生活面や舞台面では不自由なことがないよう気にかけてくださいます。

Photo: Takuro Susaki

Photo: Takuro Susaki

辛いことがあった時も美味しいご飯とみなさんの笑顔に救われました。

Photo: Takuro Susaki

千穐楽を迎えることができるのも、太陽劇団の主宰者アリアンヌさんを始め劇団のみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。

Photo: Takashi Okamoto

1日2回公演も無事に終えることができ、いよいよ「鼓童若手連中」パリ公演千穐楽です!200%で最後まで精一杯頑張ります︎。

Photo: Takuro Susaki

2018年7月17日(火)〜22日(日)Kodo Next Generation(フランス・パリ)

Photo: Takashi Okamoto