【ゆめのうつつリレー】緊張したけど・・・!/三浦友恵

みなさん、こんにちは。2020年も早いもので最後の月となりました。いかがお過ごしでしょうか?

10月に佐渡島にある「御宿 花の木」さんで、~ゆめのうつつ~ミニコンサートに参加させていただきました。

容子さんと鼓童が作ったCD”佐渡もの語り~ゆめのうつつ~“をミニコンサート出演という形で応援することができ、とても嬉しかったです。

コンサート当日はお天気にも恵まれて、佐渡の自然もCD発売を喜んでいるかのようでした。

今回のコンサートでは琴・太鼓・鳴り物を担当し、その中でも『この峰の』の琴が好きでずーっと稽古していました。(CDでは菊武粧子さんが演奏されています。)好きでもうまく演奏することができず苦戦しました。笑

コンサート本番で緊張して手が震えたのですが、容子さんの歌声と笑顔が素敵で緊張が少し和らいだのを覚えています。とてもとても楽しいコンサートでした。あのコンサートの場所にいれたことを幸せに思います。
容子さん、関係者のみなさまありがとうござました、お疲れさまでした!

きっと!みなさまに幸せを運んでくれるCDです。容子さんの佐渡愛、鼓童愛、みなさまへの愛が溢れでているCDとなっています。ぜひたくさんの方に聴いていただきたい!!

Photo: Yuka Kusa

次回は、住吉佑太です。
お楽しみに! 

📀CDのご購入はこちらから↓↓

http://store.kodo.or.jp/?pid=151159628

「花八丈〜WTC バージョン〜」の楽曲投稿と共演動画の募集!/小島千絵子

花八丈: ∞プロジェクト
~太鼓のリズムで世界をつなぐ花バトン~
「花八丈〜WTC バージョン〜」の楽曲投稿と共演動画の募集!
【投稿締め切り:2020年11月9日まで】

今年、World Taiko Conference(世界太鼓大会)の開催にあたり、昨年20周年となった「花八丈」を楽曲投稿しました。

「花八丈」を持って、これまで世界を旅し、出会ったたくさんの方たち一人ひとりが自分の花を太鼓に咲かせられるようにと願い、種まきをして参りました。

日本で行われる初のWTCを記念して、「花八丈」の花のバトンで、世界中のあなたの「花」を繋いでいきたいと思います。

もしよろしければ、投稿した「花八丈」の2種類の動画(クリック音なし、クリック音入り)を見本に、演奏動画を送ってください。

皆さんからの動画を一本に編集し、みんなで打つ「花八丈」のコラボレーション映像を製作します。そして、新潟県文化祭参加作品として出展し、たくさんの方々に観て頂きたいと計画しています。また、その後WTCや鼓童、私のSNSなどでシェアさせていただきます。

皆様からのたくさんの「花バトン」、お待ちしております!

※コラボレーション映像は、新潟県文化祭「新潟ステージチャンネル(YouTube)」にて11月18日頃から公開予定です。

https://n-story.jp/bunkasai/

WTCウエブページ(日本語):
https://www.wtctokyo.com/songsubmissions

おすすめ!私の一枚(12)三浦友恵 / CD『TATAKU BEST OF KODOⅡ 1994-1999』

わたしの好きなCDは『TATAKU BEST OF KODO Ⅱ 1994-1999』です。小学生の時に買ってもらったCDです。家族でドライブに行く時に、車の中でよく流れていました。その中でも《いつかまた》と《宇宙の歌》と《蒼き風》と《虹のなごり》が好きで、リピートをして何度も何度も繰り返し聞いていました。

《いつかまた》は前に入っている《SHAKE》を飛ばして聞いたり(決して嫌いではないです)、《虹のなごり》では容子さんが唄っているのを一緒に大声で歌ったりして、このCDには私の楽しい思い出がたくさん詰まっています。

鼓童のメンバーになり、《蒼き風》を演奏する機会が何度もありました。
しかし思うように演奏できず、今でも自分の思うように演奏はできません。
悔しい・・・。そんな簡単にできる訳もないですね。がんばります。

90年代の素敵な曲が厳選されているアルバムです。ぜひ、聞いてみてください!!

 

CD『TATAKU BEST OF KODOⅡ 1994-1999』

↓試聴はこちら
https://www.kodo.or.jp/discography/sicc1066_ja.html

↓鼓童オンラインストアでの購入はこちら
http://store.kodo.or.jp/?pid=128516747

【”千の舞”への道】鼓童の舞手/三浦友恵

この度は芸歴40周年、花八丈20周年おめでとうございます。

鼓童で憧れの先輩である小島千絵子のお祝いの舞台に一緒に立たせていただけることを嬉しく思います。

初めてお会いしたのは鼓童研修所の試験でしょうか。まさか自分が鼓童の踊りに惹かれることになるとは思いもよりませんでした。初めに惹かれたのは扇子と傘をグルグルと回すところ。(踊りではないかもしれませんね…笑)

Photo: koji

私もあんな風に回したい!って思ったんです。それから本格的に踊りに没頭していきました。

メンバーに上がり、様々な踊りをさせていただきました。笠の向き、手の捌き、足捌き、着付け。初めはゆっくり歩くことさえもまともにできませんでした。一緒に稽古場を歩いて稽古付けてもらったり、、、千絵子さんの芸を盗むことの大変さ。スケジュールが合った時に数日だけ鞄持ちもしました。何度やっても千絵子さんと比べられることの苦しさや歯痒さ。背中は遠いところにあります。

Photo: koji

それ程、鼓童で千絵子さんが残してきたものの大きさがあります。しかし千絵子さん自身も、太鼓の集団の中で踊りをやってきた苦悩は計り知れないものがあり、楽しいよりも苦しい時期がほとんどだったのではないでしょうか。

だからこそ今の小島千絵子があると思いますし、多くの人の心を動かす舞を舞うのです。今は必死に追いかけていますが、いつかは肩を並べられるくらいの人になりたい!笑

Photo: koji

文京の大きな花舞台。千絵子さんにとって集大成?いやいや、通過点です‼︎

千の舞はだんだんと蕾が割れ12月末には大きな大きな花を咲かせます!

また一つ鼓童の舞手に大きな功績を残しますよ!皆さまどうぞお楽しみに!


2019年12月23日(月)19:00開演
鼓童「千の舞」 〜小島千絵子芸歴40周年記念公演(東京都文京区)

鼓童「千の舞」 〜小島千絵子芸歴40周年記念公演(東京都文京区)

小木港祭り/三浦友恵

Photo: Ryotaro Leo Ikenaga

8月24日(土)、25日(日)に拠点の佐渡・小木地区で「小木港祭り」が開催されました。

Photo: Ryo Tamura

毎年、鼓童は小木の皆さんにアース・セレブレーションのお礼の気持ちを込め、祭りに参加させていただいています。

山車を引き、太鼓を打ちながら小木の町をまわり最後に木崎神社に奉納演奏します。木崎神社に入る前は、祭りを終わらせたくない人と早く木崎神社に入りたい人との攻防戦。戦いは長期戦でした・・・。

今年は山車のロープ、キャスター、花飾り用の竹を新調し、小木祭り太鼓の会としても新鮮な気持ちで参加しました。

Photo: Ryoma Tsurumi

Photo: Ryotaro Leo Ikenaga

小木町の皆さんから声をいただくと、鼓童は本当にたくさんの方に支えられているんだなと再確認するとともに、気持ちを新たに9月からのツアーも頑張ろう!という気持ちになりました。

Photo: Ryotaro Leo Ikenaga