半纏 in Evolution 北米ツアー/渡辺ちひろ

Photo: Ryotaro Ikenaga
皆さま、こんにちは。日本を離れ一ヶ月以上が経ちました。メンバー全員、体調が大崩れすることなく元気に(?!)過ごしております!

昨日はHanoverで「Evolution」公演。今日は同じ劇場で学生さん向けの「交流公演」がありました。

Photo: Ryotaro Ikenaga

同じ劇場でも、公演の内容が違えばお客様の反応も違います。そんな中、今日は新たな発見をしました。

衣装。

Photo: Takashi Okamoto

「Evolution」では全身白のシンプルな衣装。この衣装はとても着やすく、身体にとてもフィットするため動きやすいのです。

Photo: Takashi Okamoto

対して、
交流公演では藍色に染まった鱗模様の半纏衣装。

演奏中に着崩れをしやすく、先輩達のように綺麗に着こなすことは、容易ではありません。

Photo: Ryotaro Ikenaga

私は昨年一年間、交流公演ツアーで半纏を着ていたのにも関わらず、、久しぶりの半纏に袖を通す私の心は、ドッキドキでした。

久しぶりだからこそ、”半纏の着こなし” “帯の結び方” “鉢巻きの結び方”は入念に確認しながら。

『こうして結んでたよな!』
『あれ、こう結んでたけど、こうした方が綺麗に着れるぞ?!』と新たな発見があったり。

衣装を着る数分に”楽しさ”を感じたのは初めてでした。

Photo: Ryotaro Ikenaga

いやいや、今まで衣装を着ることがつまらなかったという訳ではありません。

『なんだか今日は衣装が上手く着れたぞ!』という日はありましたが、それが何故なのか明確でなく、衣装を着る楽しさよりも、頭の中は公演前の色々な緊張が勝っていたのです。

Photo: Ryotaro Ikenaga

今日、久しぶりに袖を通せたからこそ、気付けた半纏着こなし術。

明日は「Evolution」で白衣装。
明後日は「交流公演」で半纏衣装。

Photo: Ryotaro Ikenaga
半纏着こなし術が続くように精進します。

そして、続く2連続「Evolution」公演。

Photo: Takashi Okamoto

この先も沢山のお客様に万全な状態でお会い出来るように!

そして元気に日本に戻れるように!

体調、ケガに気をつけ旅をして行きます!

鼓童・北米ツアーメンバーは今ここ!
アメリカ、マサチューセッツ州 アムハースト

2019.03.06(水) アメリカ、マサチューセッツ州 アムハースト University of Massachusetts Amherst Fine Arts Center

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)


5月5日軽井沢にて開催!「Concert for KIDS〜0才からの鼓童〜」/渡辺ちひろ

5月5日の”Concert for KIDS”に向けて稽古真っ只中です!!!
族や大太鼓、P.P.Cなど1時間の中身は盛り沢山。

Photo: Takashi Okamoto

私たちが打つ太鼓の音。笛の音。鳴り物の音。

全部が全部、0才の子供にとっては初めて聴く音の種類かもしれない。

その子にとっての”初めて”をお届けすることは、いつも以上にドキドキと緊張を感じる。

Photo: Maiko Miyagawa

一時間という公演時間は、子供達にとって物凄く長いはず。

どうしたら飽きずに楽しんでもらえるかな・・・と

稽古中は目の前に沢山の子供たちを想像している。

Photo: Takashi Okamoto

終演後、子供たちの記憶や心に
何かが残ってくれたら良いなと思いながら。。

今持ってる私たちのパワーを全開にしてお届けできるよう!
残りわずかの佐渡での稽古、沢山の力を溜めて頑張ります。

2018年5月、6月「Concert for KIDS〜0才からの鼓童〜」(長野県、神奈川県)

 

軽井沢公演出演:齊藤栄一地代純鶴見龍馬渡辺健吾三浦友恵前田順康三枝晴太渡辺ちひろ

 

石川さゆりさん『45周年記念リサイタル』千穐楽/石塚充

石川さゆりさんリサイタルいよいよ千秋楽!

本日東京公演、まもなく開演です〜

2017年10月7日、11月3日、11月16日 鼓童特別編成で出演「石川さゆり『45周年記念リサイタル』」(愛知、大阪、東京)

「交流公演」母校・明星学園にて/渡辺ちひろ

先日、10月7日に三鷹市公会堂にて交流公演を行いました。前日は大雨の中、中込健太と私の母校である明星学園にて稽古を行いました。公演の最後にはパワー全開の高校生と一緒に族を演奏しました。

久しぶりに母校・和太鼓部の演奏を見て、”私も三年間ここで太鼓をガンガン打っていたんだな” と、、、私自身に染み付いて気付けなかったことに気付けたり、応援してくれている人が沢山いることに気付けたり、改めて地元に”ありがとう”と感じました。

学生時代お世話になった和太鼓部の顧問の先生と。

佐渡へ帰ってきて落ち着いて周りを見ると、稲刈りを終えた茶色い田んぼが広がり、夕方は窓を開けなくても鈴虫の声が響いていて、村の食堂には春に準備した薪が積まれていて、秋の寂しさの中に、ぬくぬく出来る冬の楽しさが見えていました。

ツアー真っ最中の太鼓をガンガン打ち込む男性陣、打男班!
学生さんや一般のお客さまの近くで演奏する、交流公演班!

みんな元気に帰ってくることを楽しみに、私はこの秋冬、ここ佐渡でガンガン打ち込みます!!!

明星学園和太鼓部のみなさんと。

撮影:宮川舞子

交流公演

打男(10月の予定)

11月以降のスケジュール
https://www.kodo.or.jp/performance/performance_kodo/1041