自分の音/渡辺健吾

自分の音とは。

自分が12歳で太鼓を始めたばかりの頃は打つという事ばかり考えていて、どんな音を出したいかなんて考えてませんでした。

でも全然それでも良かったと思います。
ただひたすら自分が打ってて楽しかったから。

そんな自分が佐渡に渡って思い知りました。
自己満足ではダメ!!

舞台は見て下さる方々に音を届ける所。
日々稽古を重ね、良い音を出す。

では良い音とは?
何が良くて何が悪いのか。
その曲で表現したい音がそれならそれで良いし、そうじゃないなら悪い。
聞く人の好みもあると思う。

だからこれが良い音でこれが悪い音って断言できる訳ではないんだなーって書きながら思いました。

太鼓の音って難しい!
打つ人が違えば同じ太鼓でも全然違う音になるし、太鼓が変わればもちろん違う。

良く私が言われるのは
音が固いし重たい…

ダメじゃん!

でもそれが健吾らしくて良いって言われる時もある。

これが自分の音なのか?

でもこれが自分の音です!って決めつけたらもう成長できない気がする。

だから結局何が言いたいかというと
とにかくもっともっと気合い入れて稽古せいや自分!!ってことです!!

自分の音を探し続け
日々頑張ります!!

東日本大震災から8年/船橋裕一郎

本日、東日本大震災の発生から8年目を迎えました。

震災により犠牲になられた全ての方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

また、被災された地域の復興と皆様の御平安を祈念いたします。

私たちは
今日という日を忘れることなく、
関心を持ち続け、
我々旅をする芸能者が
あの時、
何を感じ、何ができたのか
これからも自問し続け、
太鼓の音を奏で、
響かせてまいります。

午後2時46分 黙祷を捧げます。

 

私の仕事/篠 健太郎

お久しぶりです!
個人としてはパリ以来、2回目の投稿になります、舞台スタッフのしの 健太郎けんたろうです!

Photo: Ryotaro Ikenaga

今回は任されている小道具の扱いについて書こうと思います。

私は、今回同行している北米evolutionツアーが初めての長期ツアーです。そこで任されている小道具は鼓童の中で通称「ぼんぼり」と呼ばれている小道具です!

このぼんぼりは「明けの明星」という楽曲の際に使用されていて、「太鼓を前・ぼんぼりを後ろ」に装着して演奏するものです。

Photo: Takashi Okamoto

暗い舞台の中で、ゆらゆらと美しく時に素早く果敢な動きを表すため、「明かりが付く」ことが大変重要な小道具ですが、この小道具自体も2013年の「神秘」より使われている少し歴史のあるもので、本番で明かりがつかないことは一度もありませんが、リハーサルやウォーミングアップ中に時折点滅するので、本番は毎回祈る思いで見届けています。

Photo: Takashi Okamoto

また、演奏者個人によってもサイズが異なり、毎回微調整を重ねてここまできました、最近はやっと慣れてきて、個人の体の癖や緊張状態によって「今日はこれくらい!」と合わせられるように段々となってきました。

Photo: Takashi Okamoto

一年目の最後にこのような大切で重要な仕事を任せていただき、ありがたい気持ちと嬉しい気持ちがあります。

ただ残す公演数も8回。

もう3分の1を切ったというところです。ここ数回は小道具とまた別の所で課題を感じています。

Photo: Yui Kamiya

日々人としても演奏者としても更新されていく演奏メンバーの隣で、私ももっともっと早く成長したい。同じ失敗は絶対にしない!など色々と焦りつつも、舞台監督という位置を目指し、着実に進んで行きたいと考えています。

そんな訳でなかなか語られない小道具についてでした!

私も演奏者に負けじと頑張ります!!

Photo: Yuki Hirata

鼓童・北米ツアーメンバーは今ここ!
アメリカ、コネチカット州 フェアフィールド

2019.03.08(金) 〜2019.03.09(土) アメリカ、コネチカット州 フェアフィールド Quick Center at Fairfield University

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)


 

思い出の地「シカゴ」/住吉佑太

皆さん、お元気でいらっしゃいますか?

こちらはマイナス10度を下回る日があるほど
寒い日々ではございますが、皆元気にやっております!

Photo: Yuki Hirata

今回で4度目のシカゴ。
シカゴにはたくさんの思い出があります。

Photo: Eri Uchida

初アメリカツアーのときに
「Blue Chicago」で聴いたブルースの衝撃にはじまり、

Photo: Yuki Hirata

3年前には、ソロとしてもシカゴに数日滞在して、

こちらの太鼓コミュニティの皆さんとワークショップや小公演などで交流し

大変お世話になった思い出もあります。

そのときのメンバーが、終演後に駆けつけてくれました。

Photo: Koji Miyagi

こういったツアー先での再会は、とても嬉しいものです。

年々、各地での繋がりが増えていくのも、とても嬉しいことですし
皆さんに会う度に、長いツアーを乗り越える元気を頂いています。

Photo: Takashi Okamoto

今回のシカゴ公演も
始まる前から
「今日、超楽しみにしてるよ!」
「佑太の曲やるの!?」
などと、たくさんのメッセージを頂いて

これもまた、「よし!頑張るぞ!」という気持ちにさせてくれます。

Photo: Takashi Okamoto

だいたいそういう日は、力みすぎる傾向にあるんですが…笑

長いツアーも折り返し。

また各地での皆との再会を心待ちにしながら
怪我なく元気に、ツアーをまわります!

Photo: Takashi Okamoto

Thank you, everyone!!

Photo: Ami

 

鼓童・北米ツアーメンバーは今ここ!
アメリカ、コネチカット州 フェアフィールド

2019.03.08(金) 〜2019.03.09(土) アメリカ、コネチカット州 フェアフィールド Quick Center at Fairfield University

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)


 

半纏 in Evolution 北米ツアー/渡辺ちひろ

Photo: Ryotaro Ikenaga
皆さま、こんにちは。日本を離れ一ヶ月以上が経ちました。メンバー全員、体調が大崩れすることなく元気に(?!)過ごしております!

昨日はHanoverで「Evolution」公演。今日は同じ劇場で学生さん向けの「交流公演」がありました。

Photo: Ryotaro Ikenaga

同じ劇場でも、公演の内容が違えばお客様の反応も違います。そんな中、今日は新たな発見をしました。

衣装。

Photo: Takashi Okamoto

「Evolution」では全身白のシンプルな衣装。この衣装はとても着やすく、身体にとてもフィットするため動きやすいのです。

Photo: Takashi Okamoto

対して、
交流公演では藍色に染まった鱗模様の半纏衣装。

演奏中に着崩れをしやすく、先輩達のように綺麗に着こなすことは、容易ではありません。

Photo: Ryotaro Ikenaga

私は昨年一年間、交流公演ツアーで半纏を着ていたのにも関わらず、、久しぶりの半纏に袖を通す私の心は、ドッキドキでした。

久しぶりだからこそ、”半纏の着こなし” “帯の結び方” “鉢巻きの結び方”は入念に確認しながら。

『こうして結んでたよな!』
『あれ、こう結んでたけど、こうした方が綺麗に着れるぞ?!』と新たな発見があったり。

衣装を着る数分に”楽しさ”を感じたのは初めてでした。

Photo: Ryotaro Ikenaga

いやいや、今まで衣装を着ることがつまらなかったという訳ではありません。

『なんだか今日は衣装が上手く着れたぞ!』という日はありましたが、それが何故なのか明確でなく、衣装を着る楽しさよりも、頭の中は公演前の色々な緊張が勝っていたのです。

Photo: Ryotaro Ikenaga

今日、久しぶりに袖を通せたからこそ、気付けた半纏着こなし術。

明日は「Evolution」で白衣装。
明後日は「交流公演」で半纏衣装。

Photo: Ryotaro Ikenaga
半纏着こなし術が続くように精進します。

そして、続く2連続「Evolution」公演。

Photo: Takashi Okamoto

この先も沢山のお客様に万全な状態でお会い出来るように!

そして元気に日本に戻れるように!

体調、ケガに気をつけ旅をして行きます!

鼓童・北米ツアーメンバーは今ここ!
アメリカ、マサチューセッツ州 アムハースト

2019.03.06(水) アメリカ、マサチューセッツ州 アムハースト University of Massachusetts Amherst Fine Arts Center

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)


挑戦/小平一誠

「Evolution」ツアーも徐々に終盤に近づいてきました。みんな元気にまわっております。

Photo: Takashi Okamoto

今回の螺旋で私は、太鼓の他にチャッパと笛にも挑戦させて頂いています。

Photo: Takashi Okamoto

野球選手の大谷翔平選手が投手と野手の二刀流ならばこちらは三刀流…と言うとおこがましいですが、滅多とできない挑戦の機会を頂きました。

Photo: Takashi Okamoto

各楽器で課題も沢山あり、自分自身の身体の使い方や心の持ち方の課題もあり、どれも中途半端にさせないように1つひとつ向き合いながら、オールラウンダーを目指すというのは簡単な事ではないことをひしひしと痛感しております。

Photo: Takashi Okamoto

 

しかしその中でも充実した気持ちもあります。楽器が違っても自分の中にあるものをお客様に届けていけるように、日々精進を続けて参ります。

Photo: Takashi Okamoto

さあツアーも後半。皆んなと元気に、笑顔で鼓童の音を北米の皆様に全力で届けていきます。

頑張ります!

Photo: Takashi Okamoto

鼓童・北米ツアーメンバーは今ここ!
アメリカ、ニューハンプシャー州 ハノーバー

2019.03.04(月) アメリカ、ニューハンプシャー州 ハノーバー Spaulding Auditorium

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)


すきな国/川村真悟

Photo: Takashi Okamoto

今回の旅でアメリカという国がまた一段と好きになりました。

言葉や文化の壁をもろに実感させられつつも、良いものは良い・悪いものは悪い、とストレートでシンプルな表現でアメリカは私たちを迎えてくれます。

Photo: Takashi Okamoto

その中でも、こうでなければならない、といった言い知れぬ既成概念のようなもので何かをしばりつけるようなことが滅多になくむしろ個人の人間性や思想を互いに尊重し合っていることが、この国の素晴らしいところで私の大好きな部分です。

今回のツアーでお届けしている作品『螺旋』は、当時鼓童の35周年を記念して坂東玉三郎さんに演出して頂いた作品です。

Photo: Takashi Okamoto

Photo: Takashi Okamoto結成当時から上演しているクラシカルな演目から真新しい演目まで様々な構成でお届けする本作ですが、螺旋のように向上していく鼓童のこれからの行く末をイメージした作品でもあります。

Photo: Takashi Okamoto

どの会場でもオールスタンディングで惜しみなく称賛の意を示してくれるアメリカの皆さんの反応は、本作の見せ所や各人の思いを十二分に受け入れてくれてる感じがあり、厚いエールを送って頂けるとおかげでパフォーマンスは日々向上していてる気がしています。

Photo: Takashi Okamoto

まだまだツアーは折り返し地点あたりです。

本作がアメリカの地でさらにどんな進化を遂げるのか楽しみでなりません。

Photo: Takashi Okamoto

鼓童・北米ツアーメンバーは今ここ!
アメリカ、インディアナ州 カラメル

2019.03.01(金) アメリカ、インディアナ州 カラメル The Palladium

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)


初めての北米 tour/米山水木

私は鼓童のメンバーになってから、1、2、3月は今までずっと佐渡にいて小編成での出演&稽古の日々を過ごしていました。

しかし今回は初めての海外 tour!!

緊張とワクワクの中、日本を出発しました。

Photo: Takashi Okamoto

tour のスタートは、ラスベガスから始まりました。とても、明るい街で賑やかな世界でした。

 

私が小編成で行った今までの海外は、「バリ島」「ロシア(ウランウデ)」「エジプト」と、人生の中でなかなか経験できないような事が多く…、なので逆にラスベガスとかは、「夢の国!」「映画の世界!」みたいな感覚でした。

Photo: Takashi Okamotoアメリカの空気をとても感じる、tourスタートで私の旅は始まりました。

そして、ここまで13公演終えました。

Photo: Takashi Okamoto

今回の「螺旋」は、私は初めて参加する作品で佐渡での稽古では、メンバー同士出来上がってあったまっている空気感の中に、入っていく不安や緊張がありました。

しかし、今はその不安や緊張が「喜び」や「感謝」に変わってきています。

Photo: Takashi Okamoto

私達は、「太鼓の音」をお客様に届け、伝え旅をしています。私達が、打ち込んでいる姿を見てお客様が感動してくださいます。

私は、見に来てくださるお客様一人一人に常に今の「米山水木の音」を届けています。それには、技術も精神も両方必要でそして、舞台に立ってお客様とひとつになれるか…。

Photo: Takashi Okamoto

まだ、私の中でも分からないことが沢山あり日々舞台に立ちながら、自分を磨き続けていきたいです。この、北米 tour にきてこの気持ちは強く感じました。去年は、「道」「巡」とやってきて自分の中でも色々な葛藤がありました。

2019年は「螺旋」からスタートしましたが、この1年の私がとても楽しみです!!

残りのtourも、頑張ります!!

Photo: Takashi Okamoto

鼓童・北米ツアーメンバーは今ここ!
アメリカ、ミシガン州 ミッドランド

2019.02.26(火) アメリカ、ミシガン州 ミッドランド Midland Center for the Arts

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)


OK!!/木村佑太

開演前、入念にチェックを行います。
置き位置はもちろん、バチの確認、太鼓のチューニング etc…
全て状態が整った時に僕たちは「プリセットOK」と言います。

Photo: Yuta Kimura

僕が鼓童に入っていいなって思ったことの一つに、太鼓をとてもとても大切に扱うこと。

太鼓の革の状態に気を使うのはもちろん、開演前には拭いてあげて綺麗な状態で舞台に臨みます。

Photo: Yuta Kimura
ある先輩に「起こりうる全ての事態を想定して準備をしなさい」と言われたことがあります。

どんな地域でも、どんな会場でも、どんなお客さんにも今、自分が出来る最大限の演奏をするために開演前のチェックを怠りません。

Photo: Yuta Kimura

北米ツアーはまだ沢山の地域に行きます。

毎公演、僕たちの想いが音に乗ってお客さんに届きますように
「プリセットOK!!」

Photo: Yuki Hirata

 


 

鼓童・北米ツアーメンバーは今ここ!
アメリカ、ミネソタ州 ロチェスター

2019.02.22(金) アメリカ、ミネソタ州 ロチェスター Mayo Civic Center – Presentation Hall

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)


 

アメリカの太鼓少年たちと/平田裕貴

Photo: Takashi Okamoto

アメリカで生まれ育ち、太鼓に励む少年3人と出会った。
彼らは16歳。
小学生の時に現地の太鼓グループで太鼓と出会い、大好きになり、今も続けているという。

アメリカで太鼓を打つ彼らは、
日本からやってきた太鼓打ちを前に、興味津々。

いつ、どんなきっかけで太鼓始めたの?
どんな稽古するの?
曲作ったりする?
フリスビーと太鼓の身体づかいって似てると思わない?(フリスビーもやっている少年談)

Photo: Yui Kamiya交流会の様子

1時間半ほど話したほとんどは、彼らからの質問攻めであった。

その中で、僕からこんな質問をしてみた。
『太鼓のどんなところが好き?』
すると1人が即答した。

『僕たちの太鼓の音でお客さんたちが笑顔になったり、喜んだりしてくれる。
それってすっごく素敵じゃない?
すごく嬉しい。
あと、身体に伝わってくる振動が好き!』

それに続いて
『なにより、太鼓打ってる時間が楽しいから!』
3人口を揃えて言った。

嬉しそうに話す彼らのキラキラした目は、
太鼓打ちみんなが持っている原点、
大切な気持ちを僕に再認識させてくれた。
『太鼓って、楽しいね!』って。

Photo: Koji Miyagiボルダーでのワークショップの様子

日本から遠く離れたところでも響いている、太鼓の魅力。
全然違う境遇の中で、同じ太鼓の魅力に取りつかれた世界の太鼓打ち。
みんな太鼓が大好きで、どうしようもない。

Photo: Yui Kamiya交流会にて

全世界で広がる太鼓の輪、
もっともっと、つないで、響かせていこう。

Photo: Takashi Okamoto

 

「鼓童ワン・アース・ツアー2019〜Evolution」北米ツアー(Kodo One Earth Tour 2019 Evolution)