ヨーロッパ太鼓WSツアー/船橋裕一郎

皆様、いかがお過ごしでしょうか? 私はこの3週間ほど欧州螺旋ツアー班に帯同し、現地で太鼓のワークショップをしてまいりました。

Photo: Mio Teycheney-Takashiro

▲マンチェスターでのWSの様子

ツアーと並行しながら公演地ごとに行うワークショップ(WS)は、これまでなかなか実現に至りませんでしたが、現地での太鼓を通した、ひと時の交流は、我々の活動や理念をより深く知っていただける機会にもなり、大変ありがたい場となりました。

今後もツアーと並行したこのような機会を充実していけたらと思っております。

Photo: Mio Teycheney-Takashiro

▲ゲーツヘッドでのWSの様子

イギリスでは、ブライトン、マンチェスター、バーミンガム、ゲーツヘッドの4回、初めて太鼓を叩くという方ばかりという日もあれば、元気な男子中学生のみという日、現地の太鼓グループと初めての方が混合という日もあり、状況に応じた進め方をしながらその日、その時の音を楽しんでまいりました。

オーストリアではウィーン太鼓の皆様に招いて頂き、ハンガリーから参加された方々も加えた、計10名の方々との交流でした。太鼓が大好きという思いと真摯な姿勢で太鼓に向かう姿に、こちらも学ぶことが多い時間でした。

Photo: Mio Teycheney-Takashiro

デンマークのコペンハーゲンでは、いつも当地でお世話になる、(今回は公演のご主催でもあります。)ピーターさんの率いる「生動太鼓」の若いメンバーに向けたWSでした(写真上)。当たり前ですが、会うたびに皆、大人になっていきます…1時間半ノンストップでも終始、元気な彼らの吸収力には驚くばかりでした。

体験された方々は、その日のコンサートにもご来場くださり、終演後はロビーにて気さくに声をかけて頂き、本当に嬉しそうに、公演の感想を伝えてくれました。

間も無く私は帰国の途につきますが、日本の太鼓に対する興味や真摯な姿勢、そしてその土地ならではの太鼓の表現を直接感じる貴重な時間でした。ひと時でも音の一体感を共有した現地のみなさまとの再会を心から楽しみにしています。

今回、ツアーマネージャーのみおさんには、発案から実現に至るまでの様々な動きを、イギリスではTaiko Meantimeのマークさんから無償で太鼓をお借りし、WS進行では赤嶺さんに、通訳プラスアルファのユーモアある補足で終始和やかな場を作り出して頂きました。遠い異国の地で、新たなチャレンジを行う際、国内以上にハードルも多くなりますが、多くの皆様のサポートにより実現できたことを感謝いたします。

Photo: Mio Teycheney-Takashiro

▲講師・船橋(奥)と赤嶺さん(前)。バーミンガムWSの様子。

◉赤嶺さんは、鼓童の海外ツアー制作といえば!「Mr. AKAMINE」という存在でした。メンバーのこと、鼓童のことを第一に考える確固たる信念を持ち、皆の頼れる存在でしたが、新人の頃の私には、最も畏れ多い存在でもあり、正直怖かったです…。現在は、英国を拠点に鼓童の海外の活動をサポートしていただいています。今回、二人で過ごす時間も多く、色々なことをお話しすることができたのもとても幸せな時間でした。

ツアーはこの後、まだ一月以上続きます。太鼓の音色がとても心地の良い、多くの皆様に体感して頂きたい作品となっております。是非、各地の劇場に足を運んでいただけたらと思います。

ツアー班の皆さん、引き続き頑張ってね!

 

「鼓童ワン・アース・ツアー 2018 〜Evolution」ヨーロッパツアー(Kodo One Earth Tour 2018 : Evolution)

OFFはロンドンにて/大塚勇渡

Photo: Hayato Otsuka

ピカデリーサーカス(London)

五感全てで吸収しようと思っても足りない程、イギリスでの日々は新鮮な刺激に満ち溢れています。

Photo: Hayato Otsuka

夜景(Gateshead)

Photo: Hayato Otsuka

ジョン・ライランズ図書館(Manchester)

土地特有の景色や空気感、音やモノ。
文化や歴史には計り知れないほど大きく積み上がった、人類の叡智が垣間見えます。

その素晴らしさに唖然としたり、時には心と体が共鳴したり…

Photo: Hayato Otsuka

歴史ある店(Canterbury)

Photo: Hayato Otsukaカンタベリー大聖堂(Canterbury)

イギリスでは、特に文化や芸術が好まれていると感じました。博物館や美術館も数多く、そしてその多くが寄付やチャリティーで運営されていました。

Photo: Hayato Otsukaバッキンガム宮殿(London)

また、産業革命の歴史も大切にされ、その中に先人達の技術や知恵が感じられました。知れば知るほど、「もっと知りたい」気持ちが溢れてきます。

Photo: Hayato Otsuka

タワー・ブリッジ(London)

今日はロンドンでのオフ、街を体いっぱいに感じて、持ち帰って。

「ワン・アース・ツアー」一つの地球。
自分の音や表現にどう還元して行くか、思いを消化して、次の地へ。

Photo: Ryoma Tsurumi

「鼓童ワン・アース・ツアー 2018 〜Evolution」ヨーロッパツアー(Kodo One Earth Tour 2018 : Evolution)

イギリス、ブライトン到着/内田依利

One Earth Tour in Europe “Evolution” (螺旋)メンバー、最初の公演地ブライトンに到着しました。

Photo: Eri Uchidaイギリス南東の港町。佐渡と同じく海に面していますが、極寒大荒れの佐渡とは打って変わって、大西洋の暖流のおかげで暖かく、穏やかなビーチが広がっています。

Photo: Eri Uchida

街は大手チェーンのお店だけでなく、一軒一軒特色のあるレストランに雑貨屋さん、服屋さんにアンティークのお店、盆栽屋さんまで!

Photo: Eri Uchidaお店の壁にはカラフルな絵がたくさん描かれていて、街全体がアーティスティック。歩くだけでワクワクします。

Photo: Eri Uchida夜は暖色の街灯がポツリポツリと灯り、レンガ造りの街並みが絵になります。

街の画材屋さんの看板にこんなことが書いてありました。
“Let’s make this town full of artists.”
(この街をアーティストで埋め尽くそう)
一人一人がそんな意識でいるからこんなワクワクする街なのかな。

Photo: Eri Uchida

2ヶ月のツアー、ワクワクし続けて行って来ます!

「鼓童ワン・アース・ツアー 2018 〜Evolution」ヨーロッパツアー
(Kodo One Earth Tour 2018 : Evolution)
https://www.kodo.or.jp/performance/performance_kodo/4406

公演スケジュール