【ゆめのうつつリレー】楽器も唄う作品/北林玲央

北林玲央です。これまで太鼓の演奏をレコーディングする事は経験ありましたが、唄にあわせて太鼓をレコーディングするという事は僕にとって初めての経験で、容子さんの息に合わせて、音を重ねていくという大変貴重な経験をさせて頂きました。
Photo: Akiko Umegaki
容子さんのこれまでの人生の中で生まれてきた唄達はとても素敵で、どの曲も色濃い背景があり、そのお話を演者に共有してくださりながら、レコーディングしていきました。

Photo: Akiko Umegaki

容子さんの記念すべき作品に関わることができとても誇らしい気持ちと責任と…

しかしレコーディング現場は和やかで、容子さんが1人1人の音を大切にして下さり、とても楽しい時間でした。

Photo: Yuka Kusa

 

そしてスペシャルゲストのお二人の音が素晴らしく、1曲目でとても引き込まれました。

Photo: Yoko Fujimoto

容子さんの唄に楽器が一緒になって唄っているようなそんな作品になっていると思います!

是非、この世界に一緒に浸ってみてください。

Photo: Kosuke Nakagawa

Photo: Takuro Susaki

次回は、中谷 憧です。
お楽しみに!

📀CDのご購入はこちらから↓↓

http://store.kodo.or.jp/?pid=151159628

【ゆめのうつつリレー】おめでとう!/藤本吉利

私は「佐渡もの語り ゆめのうつつ」CDレコーディング15曲のうち3曲、唄で参加させてもらいました。

みんながしっかり、準備万端セッティングしてくれたところに、ポンと飛び入りして楽しませてもらった感じです。

 

Photo: Yuka Kusa容子さんが人生をかけて、鼓童のメンバーと取り組んだCDです。私は大拍手を送ります。

参加させてもらったことは、この上ない喜びでした。

ちなみに私のオススメは、10曲めの「マナーラ」と11曲めの「鬼太鼓若衆」です。感動で涙しました。

Photo: Yuka Kusa

Photo: Takuro Susaki
次回は、北林玲央です。
お楽しみに!

📀CDのご購入はこちらから↓↓

http://store.kodo.or.jp/?pid=151159628

【ゆめのうつつリレー】時代を超えて/鶴見龍馬

一人間として、一太鼓打ちとして、そして一鼓童メンバーとして容子さんのこの記念すべきCDの収録に関われたことは本当に嬉しく思います。

レコーディングと「清水寺畑から」の編曲で関わらせて頂きました鶴見龍馬です。

Photo: Yoko Fujimoto

レコーディングでは太鼓以外にも、シンバルやマリンバ、ウッドブロック、波籠などなど楽曲を彩る細かな楽器達を色々担当させて頂きました。

Photo: Yoko Fujimoto

僕が産まれるより前から舞台活動の中で、日々の生活の中で容子さんが紡いできた唄がいっぱい詰まったアルバム「ゆめのうつつ」です。

完成したCDをあたらめて聴いてみると、一曲一曲がとても生き生きしています。

そしてどの曲も本当に容子さんらしいなと感じます。

人との繋がりや優しさを感じられたり、底抜けに明るかったり、時には少し思い悩むような雰囲気があったり。

Photo: Yoko Fujimoto

収録はとても和やかな雰囲気で行われました。

僕が空き時間にホワイトボードに落書きしちゃうくらいに。

Photo: Ryoma Tsurumi

流行りの音楽は中々時代を超えることが出来ないけれど、この唄達はきっと長く長く愛される唄になっていくのではないでしょうか。

そんな素敵なCD!皆様も是非お手に取って、日々の生活の片隅に置いてみてください。

次回は、阿部好江です。
お楽しみに!

📀CDのご購入はこちらから↓↓

http://store.kodo.or.jp/?pid=151159628

【ゆめのうつつリレー】容子さんのうた/中込健太

Photo: Takashi Okamoto

中込健太
藤本容子さんのうたが
好きだ。

心の深い深いところから響いてくるうた。

涙がでそうなうた。

佐渡の自然や小さな生き物がでてくるうた。

みんなで一緒に歌えるうた

ヤンチャな、いたずらなうた。

今日をがんばるためのうた。

Photo: Takashi Okamoto

色んな【うた】があって
あー。これも【うた】だし、
あれも【うた】なんだなあ。
と、容子さんの、広い懐のなかで自由に遊ぶことができて、楽しい。

Photo:中川晃輔

容子さんがうたうように
色んな気持ちで
太鼓を打てるようになりたい。

レコーディングは
めちゃくちゃ楽しませていただきました。

Photo: Yuka KusaPhoto:藤本容子

また容子さんと、
楽しい楽しいライブも
できる日を楽しみにしています。

いや、絶対またやらないと!
素敵なCDが出来上がりました。

みなさまお楽しみください!

Photo:洲﨑拓郎

次回「ゆめのうつつ」ブログリレーは、鶴見龍馬です。

お楽しみに!

📀CDのご購入はこちらから↓↓

http://store.kodo.or.jp/?pid=151159628

CD『ゆめのうつつ』リレートーク その前に/藤本容子

冬の訪れをますます感じるこの頃となってまいりました。皆様のところは、いかがでしょうか。

念願の鼓童との共演によるCD

藤本容子×鼓童
「〜佐渡もの語り〜ゆめのうつつ」

このコロナ禍の中で製作、完成、発売に至りましたこと、感無量です。

Photo:中川晃輔3月からの半年間、参加プレイヤー、スタッフと共に心を込めて作ってきた、それはまさに夢のようなまこと「ゆめのうつつ」の日々でありました。

ゲストの木村俊介さん、菊武粧子さんの演奏をいただき、より素晴らしく豊かな世界となりましたことはありがたく、感謝でいっぱいです。

45周年という歳月の上に、鼓童の次代へ手渡しできる、「私ならではのものは何か」と考えましたときに、これまで作りためてきた、佐渡にあっての出会いと感動から生まれた唄、そして、鼓童村発の唄が、優しく温かく混じり合うCDをと思い至りました。

そして、ブックレットで一曲ごとの「もの語り」をお伝えしたいと願いました。

佐渡への感謝と鼓童への尽きせぬ思いの詰まった音の玉手箱。

このCDが、これからの佐渡と鼓童の親密で創造的な関わりへの小さな介在として働けますようにと願います。

また、日本の、世界のあちこちで聞いてくださる皆様に、佐渡と鼓童をより親しく身近に感じていただき、佐渡へ、鼓童へ行ってみたいなと思っていただけたら幸せです。

最後に、鼓童を愛し応援し続けてきてくださった皆様には、一曲ごとの鼓童の多様性を、面白く楽しんでいただけますように。

Photo: Akiko Umegaki

吉利はじめ鼓童のみんなの声が、あちこちに入っています。人肌の温もりと共に、鼓童が一人一人の人間の集まりであることを、改めて親しく感じていただけたら幸せです。

ジャケットは、書家の今澤雨虹さんの絵に、デジタルアートの緒形昭弘さんの色彩の妙が加わり、日本の美を深く感じる作品となっています。

このようなジャケットでCDを出す太鼓グループは、他にないでしょうね。そういう意味でも、鼓童の唯一無二を表す作品となりましたこと。皆様に一緒に喜んでいただけましたら、嬉しいです!

聴いて、見て、読んで、

楽しんでいただけましたなら、嬉しく幸せです。

そして、
発売から1ヶ月が経ちましたのを機に、これより、CD製作と発売記念コンサートの参加メンバーによるリレートークをお届けしてまいります。

「ゆめのうつつ」の魅力、また、製作秘話や、それぞれの心にある佐渡への想いなど、これから迎える寒さを温めてくれる、一人一人のもの語りとなることでしょう。

トップバッターは…

中込健太です!

ケンタ☆よろしく!!

みなさま、お楽しみに!!

📀CDのご購入はこちらから↓↓

http://store.kodo.or.jp/?pid=151159628