小島千絵子 鼓童名誉団員

小島千絵子
名前
小島千絵子 (こじま ちえこ)
生年月日
4月21日
出身地
栃木県岩舟町(現栃木市)

鼓童ブログ記事: 小島千絵子

プロフィール

1976年「佐渡の國鬼太鼓座」に入座。1981年「鼓童」創設メンバーで、太鼓中心の舞台の中で独自の舞踊の世界を切り拓いている。鼓童の舞台と同時に新たな出会いを求め、ソロ・パフォーマンス「ゆきあひ」などを展開し国内外のアーティスト、太鼓グループとの共同制作を繰り広げている。2006年「アマテラス」で初代アメノウズメを演じ、鮮烈な印象を残した。2012年、鼓童名誉団員に選定。2012年より4年間「鼓童佐渡特別公演」の演出を務める。道成寺物語をもとに太鼓と舞の舞台作品作りや、2015年には初の写真集『襲の清姫物語り』を発表した。

略歴

1998年
ソロのパフォーマンス・シリーズ「ゆきあひ」をスタート。
1996年
伊藤多喜雄氏の北海道ツアーに参加、以後ジァンジァン、野毛大道芸フェスティバル他の会場で多数共演。
1992年
女性3人の唄と踊りのユニット「花結(はなゆい)」結成。出演の他、演出構成を担当。
1990年
津軽手踊り大会にて「審査員特別賞」を受賞。
1988年
初めてのソロ公演「花まつり」を東京・六本木のアトリエ・フォンテーヌで行う。
1986年
インドネシア・バリ島の舞踊を習うために一人旅。
1981年
鼓童結成に参加、舞台の中心メンバーとして踊り、衣裳を担当。

フォトギャラリー