「鼓童ワン・アース・ツアー2023〜鼓(Tsuzumi)」北米ツアー

公演紹介 日程 全スケジュール

天と地が和(わ)し、響きに触れる。

鼓童は2021年に創立40周年を迎えました。
今回は記念ツアー作品として「入破」を演奏いたします。この曲は、小澤征爾氏のご紹介で出逢った現代音楽作曲家の故石井眞木氏に、1981年の鼓童デビューの門出を祝して鼓童に贈っていただいた曲です。他にも同氏作曲の「モノクローム」、「大太鼓」、「屋台囃子」、「族」などの代表演目に新曲を加え、鼓童の歴史を辿ります。原点に立ち返り、新たな領域への礎となる舞台です。

天と地が和(わ)し、響きに触れる。

鼓童創立 40周年記念作品『鼓』
佐渡ヶ島を拠点として半世紀。
我々の原点<佐渡>をテーマに
<稽古照今>古きをかんがえ 今を照らす。
新たな領域への礎となる舞台。
天地根源の力を呼び覚ます太鼓の音。
佐渡だからこそ生まれ、育まれた音を
劇場にて触れて頂けたら幸いです。

鼓童代表 船橋裕一郎

 

演出

船橋裕一郎

出演(予定)

TBA

予定演目

入破、モノクローム、大太鼓、屋台囃子、族、新曲等

明日を生きる力を、ふたたび世界へ。

2021年の鼓童の北米ツアーは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期のやむなきに至りましたが、今回ようやく本作を上演できることとなりました。これまでに皆様から期待や励ましの声を数多くいただきましたことを心より感謝いたします。本日の公演が皆様を高揚させ、喜びをもたらすことを願っています。

私たちは太鼓とともに旅をしながら、40年の歳月とともに表現を育んできました。旅の中では異なる文化に出会い、違和感を感じることや、時には危険な目に遭ったこともありました。しかし、そのような地で鼓童の音に大きな拍手と歓声が沸き上がり、会場が一つになったように感じた時の喜びは得も言われぬものとなります。

私たちは、太鼓とともに世界をめぐり、
多様な文化や生き方が響き合う「ひとつの地球」を目指します。

コロナ禍の影響は依然として続いておりますが、お客様に直に音を届けることのできる喜びを大きな実感として感じることができた今、多くの方々の明日への活力の一助となれるよう、これからも太鼓の響きを届けて続けてまいります。

鼓童代表 船橋裕一郎


追加の公演日程は決定次第、このサイトで発表いたします。

文化庁助成

日程