「巡」関連記事掲載一覧

[WEB]「CINRA.NET」に「巡」特集記事掲載

鼓童・住吉佑太が挑む新境地。太鼓のイメージをどう打ち破る?
https://www.cinra.net/interview/201809-kodo

[WEB]「チケットぴあ」に「巡」住吉佑太・山脇千栄インタビュー記事掲載

鼓童新作は「新しい太鼓音楽」
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201808310005

[WEB]「邦楽村Blog!」に「巡」住吉佑太・山脇千栄インタビュー記事掲載

鼓童新作公演「巡-MEGURU-」(演出:住吉佑太)インタビュー前編!心象風景を巡る舞台
https://hogakumurablog.net/person/meguru-interview1/17547/

[WEB]イープラス「SPICE」に「巡」住吉佑太・山脇千栄インタビュー記事掲載

鼓童 住吉佑太が初演出、『巡 -MEGURU-』で全国ツアー~太鼓のうねりとライトな旋律で新境地を目指す
https://spice.eplus.jp/articles/195017

[新聞・WEB]毎日新聞 全国・朝刊に「巡」住吉佑太・山脇千栄インタビュー記事掲載

2018年9月1日(土)付けに、「巡」住吉佑太・山脇千栄インタビュー記事掲載。
鼓童の全国公演「巡 -MEGURU-」全編新曲で構成 若手が演出担当https://mainichi.jp/articles/20180901/ddm/014/040/016000c

[雑誌]「Net Audio」(音元出版)に住吉佑太インタビュー掲載&「巡」ハイレゾ音源付録

https://www.kodo.or.jp/meguru/news/182

鼓童のサウンドメーカー2人による、「巡」アレンジ!

Photo: Takashi Okamoto

鼓童のサウンドメーカー住吉佑太(左)&池永レオ遼太郎(右)

遼太郎による「巡」アレンジにヨーロッパツアー中の動画を合わせた、ロードムービーを公開!
そして、「巡」作曲者・佑太による”トランス・ヴァージョン”も本サイトで初披露。

2人にこの「巡」楽曲アレンジの面白さを語ってもらった。

Kodo 2018 Europe Tour Scenes / Music: 巡 -MEGURU-

arranged by Ryotaro Leo Ikenaga

聞き手:伊達なつめ(演劇ジャーナリスト)


Photo: Takashi Okamoto

池永 去年のアメリカ・ツアーの時に、個人的にiPhoneで撮った動画を、メンバーに見せていたんです。

住吉 それが面白かったので、同じように『巡』の音楽に合わせてつくってもらえないかと、遼太郎に頼んでみました。

池永 楽曲にあわせて、今年のヨーロッパ・ツアーで巡った全都市を、訪問順に並べてはめ込んでいったんですけど、映像の方が足りなくて、編集にはちょっと苦労しました。

住吉 曲自体も、遼太郎がアレンジしてくれました。『巡』はもともと日本的な5音階でできていて、コードも一般的にはスリーコード(基本の3つの和音で構成される)のところを、敢えて2つのコードにしてあります。ただ2コードだと、どうしても暗いイメージが強くなるので、「メジャースケール※の感じにしてくれない?」と頼んだら、メロディーはそのままに、和音を別のものにして変化を付けてきた。こういう発想は、いままで無かったですね。

→※メジャースケール(外部リンク http://chaco2008.com/theory/1-3_majorscale.html

池永 2コードから4コードに増やしたらどうかな、と思ってやってみました。こういうループする感じ、ゲーム音楽やBGMなどでは、よく使われるコード進行です。つくるのに時間もそれほどかかりませんでした。

Photo: Takashi Okamoto

住吉 ひとつの音型をひたすら繰り返す(=ループ)ミニマル・ミュージック系の曲は、鼓童にはあまりないタイプですね。今回、シンプルさを強調したら、図らずもこうしたアレンジが可能になりました。僕がつくった”トランス・ヴァージョン”の『巡』も同様で、生演奏とはまったく異なり、音色の制限もなく、いくらでも音を重ねられるDTM(desktop musicの略。パソコンのマウスやキーボードを打ち込んでつくる音楽の総称)で遊んでみたもので、かなりぶっ飛んでます(笑)。

巡 -MEGURU- Trance Version / 鼓童 Kodo

arranged by Yuta Sumiyoshi

住吉 これを鼓童の舞台で演奏することはありませんが、いろいろ試してみることが、新しい音楽表現を生み出したり、様々な客層の方への興味の入り口になったりすると思うんです。

池永 そうですよね。僕らにとっては、こういうのもとても自然な音楽のつくり方です。やっていて楽しいですし、楽しくないと意味がありませんから。

住吉 たとえば民謡で使う三味線も、日本に伝わってきた時に「これ使ってみたらいいんじゃない?」という好奇心で取り入れたものが、定着したわけですよね。こういうことは歴史的に繰り返されているのですから、僕たちも「邦楽器だから」と縛りをつけずに、かっこいいと感じたものを、柔軟に取り入れていければと思っています。

Photo: Takashi Okamoto

Photos: Takashi Okamoto


住吉佑太(鼓童)

演出:住吉佑太

Yuta Sumiyoshi

小学校2年生より和太鼓を始める。2010年研修所入所、2013年よりメンバー、「大太鼓」やソリストに抜擢される。舞台では主に、太鼓、笛、「混沌」公演ではドラムを担当。軽やかなバチ捌きを得意とし、また「草分け」「結」「炯炯」「綾織」など舞台の要となる数々の楽曲を生み出す、鼓童のサウンドメーカー。
2017年、「打男」北米・国内ツアー参加。「坂東玉三郎がいざなう鼓童の世界」、「幽玄」で坂東玉三郎氏と共演。
2018年「Evolution」ヨーロッパツアー参加、「巡 -MEGURU-」で初演出を務める。

鼓童サイト|住吉佑太プロフィール
https://www.kodo.or.jp/about/member/yutasumiyoshi


池永レオ遼太郎

池永レオ遼太郎

Ryotaro Leo Ikenaga

大学1年生より太鼓を始め、学内の太鼓グループで活動。2013年研修所へ入所。2016年より正式メンバーとなる。舞台では主に太鼓、笛を担当。2015年「打男」浅草公演、「永遠」「混沌」国内ツアーに参加。「混沌」ではフルートを演奏。2016年、「螺旋」国内ツアー、「打男」ブラジルツアーに参加。
2017年、「坂東玉三郎がいざなう鼓童の世界」、「幽玄」で坂東玉三郎氏と共演。「打男」北米、国内ツアー参加。「鼓童若手連中」で舞台演出デビュー。
2018年、フランスの著名な劇団「太陽劇団」の招聘により演出舞台「鼓童若手連中」の海外版、「Kodo Next Generation」をパリにて上演。また、「道」の演出補佐を務める。「Evolution」ヨーロッパツアー参加。旋律楽器も得意とし作曲にも力を注ぐ。

鼓童サイト|池永レオ遼太郎プロフィール
https://www.kodo.or.jp/about/member/ryotaroikenaga

雑誌「Net Audio」に住吉佑太インタビュー掲載&「巡」ハイレゾ音源付録

Photo: Erika Ueda

2018年7月19日発売の音元出版「Net Audio」vol. 31 に、鼓童・住吉佑太のインタビュー記事が掲載されています。住吉演出の舞台「巡 -MEGURU-」についてや鼓童について語っておりますので、ぜひご覧ください。

「巡」ハイレゾ音源も付録!  

お求めはこちらから↓
https://www.phileweb.com/editor/net-audio/31/

Photo: Takashi Okamoto
Photo: Takashi Okamoto

住吉佑太

ONKYO「桐ヘッドホン」クラウドファンディングで先行販売/2018年9月30日まで鼓童「巡」試聴できます

オンキヨー&パイオニア株式会社から、ヘッドホンのハウジングに桐(きり)を採用した「桐ヘッドホン」が発表されました。
体験者の声として、鼓童・住吉佑太も「今まで聴いた太鼓の音で、いちばん、太鼓の音がしている」とコメント。
2018年8月1日から9月30日まで、東京・秋葉原のONKYO BASE にて鼓童楽曲「巡 -MEGURU-」をこの「桐ヘッドホン」で試聴できます。
是非、お立ち寄りください。

ONKYO BASE

アクセス:https://www.ecute.jp/maach/access

鼓童「巡 -MEGURU-」


オンキヨー&パイオニア株式会社「桐ヘッドホン」

オンキヨー&パイオニア株式会社「桐ヘッドホン」

音に、再び生を与える。
原音再生と、音空間の再現に挑む、和楽器に学んだ桐ヘッドホン。

自然の音には、生命の息吹が宿っています。アーティストの奏でる音には、感動を与えようとする、強い想いが込められています。その生命の気配や、感情の揺らぎまで生々しく表現したい。様々な楽器の中でも繊細に音を奏でる和楽器の技術に学び、天然の素材にこだわることで、ありのままの音と、ひとつひとつの音の距離感まで再現。音に再び命を宿らせる、本当の意味で音を「再生」するオーディオ機器をつくりたい。その想いから生まれた、桐のヘッドホンです。


体験者の声/鼓童・住吉佑太

体験者の声/鼓童・住吉佑太

「今まで聴いた太鼓の音で、いちばん、太鼓の音がしている」

自分が表現したかった音が、きちんと表現されていると感じました。私が曲を作る時、あえて奥で演奏するものと、マイクの近くで演奏するものと分けています。その距離感が、普通のスピーカーでは表現しきれていないのですが、それが表現できていると思います。左右の音だけでなく、前と後ろが感じられるというか……。

太鼓をヘッドホンで聴くと、たいてい、低い音が強く響いてしまって他の音を阻害しますが、それがありません。それに、ヘッドホンでは、太鼓の音は耳の近くでどんと鳴る感じがするのですが、音の距離感がしっかり感じられて、とても自然ですね。今までヘッドホンで聴いた太鼓の音で、いちばん、きちんと太鼓の音がしていると感じました。
笛の音も、どこかの音域が強調されるのではなく、バランス良く聞こえます。生で聴いている時の音抜けがある。音の質感が再現されていると思います。

体験者の声/鼓童・住吉佑太

【詳細・購入はこちら】

クラウドファンディング:未来ショッピング
https://shopping.nikkei.co.jp/projects/kiri-headphone

「桐ヘッドホン」発表会の様子↓
ONKYO BASEにて鼓童「巡」の試聴もできます。

「巡 -MEGURU-」全国ツアー・公演地を公開!

<巡-MEGURU- 公演地(予定)>

2018.06.05 現在

11月

11月3日(土) 香川県三豊市
11月4日(日) 愛媛県松山市
11月7日(水) 高知県高知市
11月9日(金) 広島県広島市
11月10日(土) 山口県下関市
11月13日(火) 岡山県倉敷市
11月15日(木) 鳥取県鳥取市(予定)
11月21日(水) 大阪府大阪市 森ノ宮ピロティホール(チケット発売は夏頃)
11月22日(木) 大阪府大阪市 森ノ宮ピロティホール(チケット発売は夏頃)
11月23日(祝・金) 滋賀県大津市
11月24日(土) 滋賀県大津市
11月27日(火) 愛知県刈谷市
11月28日(水) 岐阜県多治見市
11月30日(金) 新潟県新潟市

12月

12月1日(土) 長野県長野市
12月7日(金) 千葉県船橋市
12月8日(土) 神奈川県茅ヶ崎市
12月9日(日) 埼玉県熊谷市
12月11日(火) 神奈川県横浜市
12月15日(土) 東京都調布市
12月16日(日) 東京都福生市
12月19日(水) 東京都文京区 文京シビックホール
12月20日(木) 東京都文京区 文京シビックホール
12月21日(金) 東京都文京区 文京シビックホール
12月22日(土) 東京都文京区 文京シビックホール
12月23日(日・祝) 東京都文京区 文京シビックホール

※今後、公演地追加・変更の可能性もございます。各地の公演時間、発売日などの詳細は、随時アップいたします。

「巡 -MEGURU-」特別公開リハーサル (観覧モニター募集)受付開始

本年11月の初演に向けて創作に取り組んできた、住吉佑太の初演出舞台「巡 -MEGURU-」。
イメージを新たに、和太鼓、郷土芸能、音楽へ住吉独自の切り口で様々な試みを盛り込んだ挑戦的な舞台です。この度全国ツアーに先駆けて、舞台づくりの過程をファンの皆様へ特別に観覧モニターとして無料でご覧いただける公開リハーサルを佐渡島にて行います。貴重な機会に全国からのご応募お待ちしております。

※メディア関係者による舞台撮影も入りますので、その点ご了承ください。
※舞台は創作中のものであり、完成版ではございません。
※モニターの皆様にはアンケート記入のご協力をお願いいたします。筆記具をご持参ください。入場無料です。
※お客様による動画、写真の撮影はご遠慮ください。
※未就学児のお客様はご遠慮ください。
※佐渡市での「巡 -MEGURU-」公演の開催予定はございませんので、島内の皆様は是非この機会に足をお運びください。

演出:住吉佑太(鼓童)


「巡 -MEGURU-」特別公開リハーサル(観覧モニター募集)
2018年4月22日(日)

新潟県佐渡市 両津文化会館
開場 13:30
開演 14:00
料金 入場無料 ※モニターの皆様にはアンケート記入のご協力をお願いいたします。筆記具をご持参ください。

客席について 全席自由、未就学児の入場はご遠慮ください。

お申し込み方法 鼓童チケット予約サイトよりご応募ください。

鼓童チケット予約サイト(9人まで応募可:4/21まで)
https://piagettii.e-get.jp/kodo/pt/&lg=-1&S=A20180422

定員 先着500名を予定

会場住所 〒952-0005 新潟県佐渡市 梅津2314−1
会場アクセス 両津港バス8分 、両津文化会館下車すぐ
会場ウェブサイト https://www.city.sado.niigata.jp/z_ot/ryotsu_hall/
お問い合わせ 鼓童 Tel. 0259-86-3630

備考

  • 当日、整理券の配付はございません。モニターとしてご来場のお客様は応募ハガキ、または鼓童チケット予約サイトからの返信メールを印刷し、ご持参ください。
  • 4月22日は佐渡島内にてトキマラソンが開催されております。宿泊場所・道路の混雑が予想され、交通規制等ございますので、時間には余裕を持ってお越しください。
    (佐渡トキマラソン http://www.scsf.jp/marathon/