10月7日三鷹で「交流公演」開催します/中込健太

10月7日(土)三鷹市公会堂での「鼓童交流公演」はゲストに明星学園和太鼓部の皆さんをお迎えします。今回の出演者の中込健太も卒業生の一人です。健太からのメッセージが到着しました▼▼▼


気がついたら卒業して13年がたっていました。

昔の自分はどんな気分で叩いていたのかなとふりかえってみたり。
太鼓が叩きたくて明星に入り、
やはり太鼓が叩きたくて佐渡にわたりました。

今の和太鼓部の音はどんな音がするのか、
ぼくらの太鼓は、かれらにどんなふうにひびくのか。

なつかしい土地で叩けることがうれしい。
この日限りの、みんなの気分の音を楽しんでいただけたらと思います。

楽しみです。

中込健太

「交流公演2017」〜ゲスト出演 明星学園和太鼓部〜2017年10月7日(土)東京都三鷹市 三鷹市公会堂


奇才、中込健太/住吉佑太

彼は演奏者でありながら、作曲家である。
その独自の音楽性と魂は、
多くの人を魅了してやまない。

彼の楽譜は常に斬新で、前衛的である。

例えば、この強弱記号。

「おとこっしも(漢ッシモ)」

通常は「ff フォルテシモ(最も強く)」という音楽記号が用いられるが

その数百倍の音量と魂をもって、
演奏してもらいたい。

そんなときに用いられるのが、
♂(オス)の形を使った記号
「おとこっしも」である。

これは音響学的な音量だけでなく、
精神面や太鼓との向き合い方を考えさせられる
そんな記号なのかもしれない。

最終的にはこんな感じになる。

おとこっししししししも!

単純計算でも
何億倍、何兆倍もの音量を!ということなのだが
これまた、音響学的な問題ではなく
精神性を問われているのだ。

真摯に太鼓と向き合い
全身全霊で
死ぬ気で打ってほしい。

メゾピアノからの音量レンジの幅は計り知れない。

もう1つ
彼の楽譜における最大の特徴を挙げてみよう。

例えばこの譜面。

まさかの、休符にまで「アクセント」が
ついているのだ。

彼曰く「能のコミという概念から着想を得た」
とのことだ。

「コミ(込み)」というのは
能において、次の演奏や動きに移るときに、
気を込めて取る、沈黙の間や呼吸
ある種の「タメ」のようなもので、
「コミをとる」というふうに用いられる。

このアクセントがつけられた休符は、
ただの休みではない。
ドンドン ウン!
ここで強く、この休符に気を込めてほしい。

音と音の間に音楽がある。

そのことを痛感させられる楽譜表現である。

ちなみに彼の曲は
ほぼすべての拍にアクセントがついている。

アクセント記号を書く手間1つにしても
楽譜からすでに彼の魂が感じられるのだ。

彼の楽譜には
様々な挿絵が用いられている。

楽譜をめくるのが楽しくなるような
ストイックで強烈な曲調とは、
いい意味で関係のない挿絵たちは
演奏者の気持ちを和らげてくれるだろう。

ちなみにこの犬は
ほぼすべての楽譜に登場している。

かなり思い入れのあるキャラクター
なのかもしれない。

そんな奇才、中込健太の曲が
今年の夏もECで披露されます!

ぜひ、夏は佐渡へ!
お待ちしてます!!

 

アース・セレブレーション
https://www.earthcelebration.jp/

ほかイベント盛りだくさん!


中村達也独り叩き 佐渡 “放浪編” 急遽決定!/中込健太

2015年に共演させていただいた、中村達也さん佐渡に急遽来島されることになりました! 今回はドラム独奏! まさに放浪一人叩き、心意気のみで突然の連絡をいただき、佐渡までのりこんで来てくださることに、本当に嬉しくなりました。


達也さんの音に僕は無条件に血が騒ぐ。
中村達也が、今日もどこかで同じように旅をし、
叩いている。

そのことが、自分がなんとか、
へこたれそうになりながらも、
ここまで叩きつづけてこれた、
原動力となっている。

まさに太鼓の『童』のような、
自由奔放、野生の
無垢な響きに
いつも、自分の『たたく』原点、欲望を目覚めさせられている。

無法叩き見習い 健太


佐渡島内外からもたくさんの方々に
達也さんの『魂』の声を聞いていただけますように。

中村達也 独り叩き 佐渡 “放浪編” 

2017年7月21日 新潟県佐渡市 佐和田CLUB SOW
出演:中村達也 放浪独り太鼓(独奏)
OPEN 18:30
START 19:00
料金:投げ銭方式 *入場口に賽銭箱を用意いたします。お客様は入場時にお好きな額を投げ込んでください。
会場住所:新潟県佐渡市市野沢159-2
お問い合わせ:soba-ebina@docomo.ne.jp (石見)

↓【詳細】中村達也Facebook

(参考)佐渡に渡るには
https://www.earthcelebration.jp/access/tosado/