巻き寿司教室開催/赤澤京

Photo: Misato AkazawaPhoto: Misato Akazawa

佐渡のお祭りでは欠かせ、巻き寿司教室を開催いたしました。講師は羽茂(はもち)の中川キヨエさんです。まず最初は酢飯を作るところから始まりました。炊きたてのご飯の香りと合わせ酢の香りでお腹が減ります。

Photo: Misato Akazawa

 

続いてお寿司のメインとなる模様をつくります。巻き寿司は切った断面がお花や動物の顔など種類も豊富で、作った人の技術が光る一品です。今回は、バラの花と梅の花を教えていただきました。

Photo: Misato Akazawa

どちらも最初は難しく考えてしまいましたが、先生に教わった手順通り進めていくと、簡単にきれいなお花の模様ができました。最後は全員で美味しく頂きました。美味しいお寿司を食べながら、話にも花が咲きます。

これから秋にかけて佐渡でも各地でお祭りがあります。今までは集落の方から頂くことが多かったですが、次は私も巻き寿司でおもてなしをしたいと思います。

そしていよいよ次回が最終回!
次回の料理教室は、笹団子づくりです。
美味しくできるよう、頑張ります !

http://www.kodo.or.jp/info/news_foundation/8465

4月1日 一度は自分で作ってみたい…「笹団子」
■時間:10:00〜12:00(2時間)
■料金:1500円

<お申し込み>

■お申し込み・お問い合わせ:佐渡太鼓体験交流館(たたこう館)
Tel. 0259-86-2320 Fax. 0259-86-2385
Email: info@sadotaiken.jp
※すべての体験において、小学生以下の方は大人同伴でのご参加をお願いいたします。
■申込締切:ものづくり体験・料理教室は(材料準備のため)1週間前までにご予約ください。太鼓体験は予約不要です。
■会場住所:〒952-0611 新潟県佐渡市小木金田新田150-3
■会場ウェブサイト:http://www.sadotaiken.jp
チラシはこちらより、ダウンロード可能です。


出張!たたこう館!/米谷友宏

3月8日から13日まで、佐渡を飛び出し新潟市、阿賀野市で出張ワークショップ(WS)を行いました。
6日間で計10回のWS。ちいさな子どもからおじいちゃんおばあちゃん、知的障害をもった方など、様々な方に太鼓を体験していただきました。

写真提供:かがやき福祉会 石川貴英様

「せーのっ!」ドン!!!

WSはこの音から始まり、この音で終わります。

写真提供:かがやき福祉会 石川貴英様 写真提供:かがやき福祉会 石川貴英様

感情を表に出すのが苦手な方。

普段は楽器の音が苦手な子ども。

太鼓を前にすると、全員が無心になって太鼓を叩いていました。

写真提供:かがやき福祉会 石川貴英様

年齢も性別も何もかも違う人たちが奏でる音。

はじめはバラバラな太鼓の音。

でも何故か楽しい。

太鼓を使った様々なゲームをする内に、

一人一人が目を合わせ、心を開き通わせ、

最後には一つの音を奏でていました。

写真:米谷友宏

聴く観るだけではない、自分が打つ太鼓。

この6日間で太鼓の持つ「人と人をつなぐ力」を改めて感じました。

太鼓を通じて多くの人が心一つになれるよう

太鼓の楽しさを広めていきたいと思います。

写真提供:かがやき福祉会 石川貴英様

「せーのっ!」ドン!!!


そば打ち体験教室開催/赤澤京

Photo: Misato Akazawa

先日たたこう館にて、そば打ち体験教室を開催いたしました。講師は小木のそば打ち名人、佐藤政明さん。そば粉100%のお蕎麦を作ります。

Photo: Misato Akazawa

まずは生地を作るところから教えて頂きました。水加減がなかなか難しく、季節で水の分量も変わるそうです。子どもから大人まで精一杯生地をこねます。

Photo: Misato Akazawa

こねて、丸めて、広げて、切って…参加者全員で協力し、美味しいお蕎麦が出来上がりました。あごだし(トビウオの出汁)が効いたつゆとネギをかけてたら、小木そばの完成!

Photo: Misato Akazawa

何度も食べたくなるくらい歯ごたえも良く、するする食べられます。

次回の料理教室は、佐渡のお祭りでよく登場する、巻き寿司作りに挑戦します。そして料理教室最終回、4月1日の笹団子づくり教室は参加者募集中です! 皆様のお申込みお待ちしております!!

続・あったかほっこりわっくわくな週末を!冬のたたこう館企画、受付中!
http://www.kodo.or.jp/info/news_foundation/8465


おこし型づくり教室開催/赤澤京

昨日3月4日、たたこう館にて、佐渡の伝統的なお菓子、「おこし型」を作りました。おこし型は、ひな祭りの時期になると各家庭で作られます。講師は、小木の商店街でお店を営まれている、日野尾雅子さんです。

木の型に、色のついたお団子を詰めて行き、最後にぎゅっと押して型から取り出し蒸します。蒸しあがったおこし型はどれも色とりどりで見ていてワクワクします。

鯛や亀、鶴などおめでたい型がたくさんあります。中にあんこが入れたものも作り、美味しくできました。

たたこう館でもお雛さんを飾り、完成したおこし型をお供えしました。


佐渡では旧暦のひな祭り(4月3日)までお雛さんを飾る家庭が多いそうです。たたこう館でも4月まで展示を行っております。

次回の料理教室は、3月18日「そば打ち体験」です。小木の美味しいお蕎麦を一緒につくってみませんか? お待ちしております!

続・あったかほっこりわっくわくな週末を!冬のたたこう館企画、受付中!


土人形絵付け/米谷友宏

たたこう館冬の体験企画、第4回目は「土人形絵付け」です。講師は佐渡の羽茂大崎に住む葛原正巳さん。研修所で陶芸の講師もしていただいております。

Photo: Tomohiro Yonetani
粘土を素焼きした人形に、お雛様や福助、招き猫などの絵を描いていきますが、「皆さんの内面から湧く絵を描いたほうが面白い。」と葛原さんから言っていただき、見本に捕われない思い思いの絵を描きました。

Photo: Tomohiro Yonetaniもうすぐひな祭りということで、おひな様。

Photo: Tomohiro Yonetani私が描いた福助は太鼓を叩いております。

Photo: Tomohiro Yonetani招き猫が抱えているのは鯛ではなく、なんとブリカツ君!(佐渡のゆるキャラ)

葛原さん曰く、「絵付けはその人となりが表れる。顔も作者に良く似る。」とのこと。どれも作者の面影を感じる個性的な土人形が完成しました!

それぞれの作者です。

たたこう館では3月も毎週末(3/10、11を除く)体験企画を行います。

次回、3月3日は「竹細工づくり~コースター」
翌日、3月4日は「料理教室~おこし型(佐渡の和菓子)」です。

もちろん太鼓体験も行っております! 春の香りを感じる佐渡へ、是非お越し下さい!

たたこう館
http://www.sadotaiken.jp/