鼓童エジプト紀行/吉田航大

Photo: Akiko Umegki

現在、日本全土が平昌五輪での日本代表選手団の活躍に熱狂しています。そんな五輪の波が来る数日前、我々も2月6日に日本を発ち、日本の代表派遣団として日の丸を背負い、エジプトのアレクサンドリア、カイロにて公演・ワークショップを行ってまいりました。

Photo: Akiko Umegki

初めての土地、初めての人々。何もかもが初めて尽くしの数日間。
着いて早々身の危険を感じることが多々あり、これからの旅路に一抹の不安がよぎることも。

Photo: Akiko Umegki

個人の主張が強すぎる国民性の為か、道路は無法地帯。クラクションの嵐。そこを平気で横断する人々。

Photo: Akiko Umegki

通訳のモロさん曰く、「一度車に引かれれば上手に横断できるようになりますよ。」だそうだ。

出会う人々は楽しい人たちばかり。日本人からしたら「なんて能天気な人たちなんだ」と思うかもしれませんが、それが人間らしい生き方なのでは、と思うことも。

劇場に入ってからも、やはり思い通りには進みませんでした。言葉が通じないというハンディキャップに戸惑いながらも、なんとかジェスチャーで伝え、心を通わせ、最終的には楽しい現場になりました。


演奏中も終始落ち着きのない感じがしましたが、楽しんで下さっていたのは間違いありません。感情をストレートにぶつけ合える・・・そんな素敵な公演だったのではないかなと思います。

今回のエジプト公演で、鼓童だけではなく日本に凄く興味を持ってくださった方がたくさんいると聞きました。本望です。

現在エジプトでは日本式の教育システムを導入したり、建設分野でも日本の企業が関わったりと(今回演奏したカイロオペラハウスも日本の建設会社が携わっている)、日本との関係性が濃厚になってきています。

これからも、この2カ国間の友好関係がより発展していくことを願う他ありません。

メンバーを省いて写真左から、
在エジプト日本国大使館・金子耕司様国際交流基金カイロ日本文化センター・川北暁史様通訳兼ツアーガイド・モロさん

メンバー全員が「いつかまた訪れたい」と口にするほど、濃厚なツアーでした。

Photo: Akiko Umegki Photo: Akiko Umegki

そんな後ろ髪を引かれる思いで佐渡へ。。。寒い。

[梅垣晶子@エジプト]エジプトツアー班、無事にカイロ公演も終わりました。大盛況でした❗️ こちらの文化大臣にもご来場いただき、沢山のTVメディアからの取材も受けました✨ これから、サーウィ・カルチャーセンターで太鼓ワークショップを行います。#鼓童 #Kodo #エジプトhttp://www.kodo.or.jp/performance/performance_solo/7307

鼓童 Kodoさんの投稿 2018年2月12日(月)

[鼓童@エジプト]エジプトツアー班、昨日アレクサンドリアでの公演を終えました!次はカイロでの公演です。エジプトの全国紙の文化面にも載りました。エジプト公演についてhttp://www.kodo.or.jp/performance/performance_solo/7307

鼓童 Kodoさんの投稿 2018年2月9日(金)


鼓童初上陸!エジプト公演に向けて/吉田航大

やっと大寒波が過ぎ去ったかと思いきや、今度は佐渡島の広範囲にも及ぶ断水被害。てんやわんやの日々を送っております。そんな中、鼓童村の稽古場では鼓童50カ国目となるエジプトでの公演に向けて稽古が行われています。
Photo: Erika Ueda

今回は演出・見留知弘を筆頭に9人のメンバーでの公演。とても9人とは思えないほどの演目数と内容の濃さ。知弘さんの、「大変だけど楽しんでやりましょう」の一言で、稽古場が動き出しました。

Photo: Erika Ueda

若手が多い編成でどこか活気のある稽古。しかしその反面、舞台に立つという厳しさも改めて再確認。。。

Photo: Erika Ueda

稽古期間は1週間とタイトなスケジュール。元舞台メンバーであり、今回の舞台監督でもある(今海)一樹さんは「時間がない中でもやることはちゃんとやらなきゃいけない」と語る。諸先輩方に厳しく丁寧に指導していただいて、着々と稽古が進んでおります。

Photo: Erika Ueda

未だ見ぬ異国の地に思いを馳せながら、太鼓を打ち鳴らす。誰もが初めてのエジプト。さぁ、これからどんな旅が待っているのでしょうか……。

Photo: Erika Ueda

2018年2月9日(金)、11日(日)鼓童特別編成で出演「Japanese Drums Concert」(エジプト)